稲盛和夫の名言|人々を幸福にすることを働く目的にしている限り、現状に満足することはありえない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

人々を幸福にすることを働く目的にしている限り、現状に満足することはありえない。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

製薬会社の最後の務めは、病気で苦しんでおられる方々の苦しみや恐怖を、我々の手で作り上げた薬でいかに少なくしたりなくしたりできるかにあります。

アマゾンには原動力となる3つの考え方があります。ひとつは「常に顧客中心に考える」こと。ふたつ目は「発明を続ける」こと。3つ目は「長期的な視野で考える」ことです。この経営哲学は10年後も変わりません。将来どのようなビジネスをやっていくかを話すのは難しいですが、アマゾンはこの3つに基づいた企業であると自信を持って言えます。

自分が他に圧倒的に勝てる分野を棚卸して、さらに周りから(お客様から)どういう評価を受けてきたのかを書き出していくと、相手に与えるメリットや価値が見つかる。

内需が縮小するからといって、とにかく外需に急ぐのではなく、しっかりと市場の可視化を行なった上で海外進出を行なわなくてはならない。

大きな会社同士が経営統合しても個々の事業が一丁前でないとダメだと私は思う。サイズがでかくなれば生きていける時代ではない。ニッチでもちゃんとしたポジションを取って、次の技術開発なりサービス網の構築なりの投資ができるような利益水準がないと、先がない。

日本の中にいると、自分たちが世界レベルに届いていないということが、実感としてわきにくいんですね。業績が良くなっているように見えているけれども、自分と比べているだけじゃないか、と。過去と現在を比べて、くすぐられているだけなのです。

飲みの席で「こうすべきだ!」と吠える人もいるけど、だったら昼間、職場でやり抜けよと言いたい。何事もやり抜くことが大事。

ページの先頭へ