稲盛和夫の名言|人並み以上の努力をせずに、大きな成功を収めるということは絶対にない

このエントリーをはてなブックマークに追加

「誰にも負けない努力」を続けない限り、大きな成果は期待できない。人並み以上の努力をせずに、大きな成功を収めるということは絶対にない。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

データをインプットするのに必要な習慣は、効率のいい情報収集術を心掛けるよりも、ひたすら行動することではないでしょうか。ヒットチャートを賑わせている曲が面白いタイトルだなと感じたら、とりあえずiTunesをクリックしてみる。気になるDVDがあったら、思い切って買ってみる。

簡単な作業でも、その流れを想像して、具体的な作業として洗い出しておけば、スピードは格段に向上します。この「洗い出しメモ」の作成は簡単な作業だから、疲れが溜まりやすい夕方に、翌日の分を行なうといいでしょう。

リピート率を重視しています。安さをウリにする店は回転率重視でしょうが、効率追求でその日の売上高を伸ばしても次の来店につながらなくては意味がない。

スピーキングに関しては、最初のうちは身の回りのことを英語で表現してみるのがよい方法です。たとえば電車に乗る際に、「I got on a train.」とつぶやいてみる。このとき、「自分でつぶやくだけでは、文法が正しいかどうかわからない」と思うかもしれませんが、ここでは文法の正しさよりも、間違ってもいいので表現してみることに重きを置きます。最初のうちは理想的な正解を求めずに、自分に可能な表現をしてみればいいのです。

ハウステンボス再建時、スタッフ達に最初に言ったのは「みんなで掃除をしましょう」「経費を2割削減しましょう」「明るく元気に仕事をしましょう」という3つだけです。意識的に、最低限のことしか言いませんでした。簡単なことを少しだけ言われれば、守ることができます。

いまどき、多くの若手社員は、目の前にいくらニンジンをぶら下げられても、「自分がやりたくないことを無理をしてまでやりたくはない」と思うものです。逆に自分がやりたいことであれば、少々の困難に直面しても乗り越えようとします。自転車に乗れるようになりたい子供が、少しぐらい転んで痛い思いをしてもへこたれないのと同じです。

相手に何を与えられるかを考えた方が、本当の意味での自分の市場価値を高めることにつながると思います。

ページの先頭へ