稲盛和夫の名言|苦労そのものが人間をつくっていく

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生において「無駄な苦労」というものは、実は一つもありません。なぜなら、苦労そのものが人間をつくっていくからです。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

何も知らないところから、一つひとつ手探りで、学びながらやっていく。これは今も変わらない姿勢。

平日の夜中や土日に作業していたので、休みはゼロでした。それにサーバーの費用も何百万円とかかっていました。同じ時期にほかのSNSも始まりましたけれど、会員数が増えてくると、個人がボランティアでやっているものと会社が組織的にやっているサービスでは、サポートにも差が出てしまいます。GREEを続けていくためには、会社をつくるしかないと思いました。

中国の歴史書には、悪人がいっぱい登場します。リアリストなんですよね。中国の歴史書で、人間の心理を学びました。あの権謀術数、外交、政治、駆け引き、商売、やはり大変なものですよ。

話術をアップさせたいなら、お笑いのDVDがお勧めです。DVDには、テレビでの芸よりも練り込まれたテクニックがあります。間のとり方や呼吸、緻密な構成の技を学べることでしょう。

顧客の欲求を100%満足させることは不可能ですが、我々は終わりのない努力を続けていく。

人の器は決まっているようにも見えますが、経験しながら化けていく、成長していく人もいるわけです。

これだという最良の選択肢があれば、決断は簡単です。しかし現実にはそういう選択肢がそもそも存在しないケースも多い。そういうとき、決断が遅い人は思考停止状態に陥りがちです。かたや決断が早い人は、「手持ちの選択肢の中で、一番痛い目に遭わないのはどれか、仮に失敗してもなんとか取り返しがつくのはどれか」という視点で選択肢を消していき、素早く決断を下します。

ページの先頭へ