松下幸之助の名言|社員一人ひとりが、“社員という稼業”の経営者であれ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

社員一人ひとりが、“社員という稼業”の経営者であれ。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

既知の知識の新しい組み合わせこそが、イノベーション。

あるテーマについて自分事になるまで考えてもらい、解きたい問題について検討する。そうでなければ、良いアイデアは出てきませんし、それを生かすこともできません。

世の中、どうやったらうまく成果を上げられるかと考えるなら、人のやらぬことを着実にやるのが一番の近道だ。

設備投資の判断は、多くの経営者にとって最も迷うものの一つでしょう。しかし、会社を強くする投資には、コストをかけてでも取り組むべきです。

常に自責の心構えを持っている人は、問題が深刻化する前に気づき、素早い経営改善につなげることができます。また、責任範囲が広い人ほど、より多くの改善点を発見できます。

英語を勉強しても上達が感じられない、という理由で挫折してしまう人も多いようです。その場合に問題なのは、「上達」の定義が曖昧な点です。どうなったら上達したことになるのかが明確でなければ、目的も漠然としたものになってしまい、上達を実感することは難しいでしょう。

リーダーに向いているのは意欲がある人、自ら燃える人。また今の時代は、明るくて親しみやすくて熱心で愚直な努力を続けられる人。特に、親しみやすいというのは重要な条件です。どこへでも入っていけて、知らないことは「教えてください」と言い「教えてくださって、ありがとうございます」と素直に言える人です。

ページの先頭へ