飯尾慶介の名言|大企業と同じスピードで意志決定していたのではいけない

資本と優秀な人材が揃う大企業と同じスピードで意思決定をしていたのでは、必ず後塵を拝することになる。多少荒くても、どんどん世に間うていったほうがいい。

飯尾慶介 の経歴

飯尾慶介、いいお・けいすけ。日本の経営者。「みんなのウェディング」社長。トーハンを経てディー・エヌ・エーに入社。社長室にて「みんなのウェディング」設立に携わる。その後、「みんなのウェディング」が株式会社化され、社長兼CEOに就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

企業の再建に限らず、人生の成功についても、私はコロンブスの卵が大事だと思っている。学歴や才能、あるいは運と言ったようなことが人生の成功を左右すると考えている人たちは、このコロンブスの卵に気付いていない人たちなのです。私にとってコロンブスの卵とは意欲を持つこと。何だそんなことかと言われるかもしれませんが、最初に意欲がなければ何事も成しえません。意欲を持って事に当たって成らざることは、この人生にはないと信じています。

いまの世の中は「競争型・依存型・非持続型」。それを「共生型・自立型・持続型」に変えたい。競争社会では効率を追求するため分業化し、人は歯車となる。するとその仕事しかできなくなるため、人は社会や会社に頼って生きるしかない。その結果、一握りの勝者を豊かにするだけで、それ以外の多くの人は疲弊するいっぽうになってしまう。このようなパターンに縛られることなく、新しい働き方を自分たちで作り出そう。

不思議なことにビジネスの世界では、往々にして「有名な経済誌が特集していた」「一流の先生がお墨付きを与えていた」「他社や他人はこれで成功を収めたらしい」といった情報に流され、戦略を決めてしまう場合がある。自分の状況に合った戦略とは何かを、徹底的に考えることが、成功するための第一歩となる。

プロダクト(製品)はいずれ競合に追いつかれるにしても、企業文化は真似のしようがありません。

編み笠ひとつでも預かってはならない。

私は、間違うことへの「熱意」ができるだけ伝染するように努め、新しいアイデアを進んで取り入れるロールモデルとなるよう心がけています。

仕事の遅い人はたいてい、緊急度の高い仕事ばかりしている。トラブル対応や定例会議などですね。これらの業務に忙殺され、緊急度は低いけど仕事の質を上げるための重要な仕事に手をつけません。

家族の人間関係は、こじらせると普通の人間関係よりも厄介な側面が大きい。「つきあいが長い」「一緒にいる時間が長い」というのもトラブルを大きくする要因となります。それだけ、不満が蓄積しやすいからです。

私たち日本人は、何かを判断する際、「論理的に正しいかどうか」よりも「感情的に納得できるかどうか」を優先させがちだ。理性よりも情動で動きやすい。しかし感情は揺れる。ブレる。その時々の主観に支配される。リーダーとして、自分を、あるいは自分の率いる集団をよりよい状態へと高めていくためには、みずからの理性の力に信頼を置き、確固たる基軸を自分の裡(うち)に持つことが重要だ。

経済成長は必要。だけど、ヘリコプターから貨幣をバラまけば、という議論が出たりしますね。ああいう考え方は、貨幣だけで経済が動くと思っているんだけれど、経済をあの人たちは分かっているのかと私は思いますよ。実体経済があって、実体経済の中に本当の「モノ」、自動車だとかガラスだといった「モノ」で動く部分がありますよね。そして「サービス」で動く部分がある。「モノ」と「サービス」が結び付けて販売されるし、経済が動いていく。

ページの先頭へ