チャールズ・シュワブの名言・格言|成功しやすい場所とはどこか

成功にもっとも良い場所は、今の自分がいる場所である。

チャールズ・シュワブ(金融) の経歴

チャールズ・シュワブ、米国の実業家、オンライン証券会社チャールズシュワブ創業者。USスチール創業者のシュワブとは別人。既存の証券会社が目を向けなかったデイトレーダー顧客に情報提供を行い急成長。2000年のITバブル崩壊後も着々と業績を伸ばした。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

初回の面談で犯しがちな間違いは、いきなり本題に入ることです。お客様にリラックスしていただく「アイスブレイク」を忘れてはいけません。アイスブレイクには主に3つの方法があります。(1)お客様の個人的エピソードに触れる(2)お客様との共通点を探す(3)相手を真似るの3つです。

勝負は普段から人付き合いにどれくらいお金を使っているかだ。情報が欲しい時だけ「こんちは」と来るやつに、重要情報をくれる人間がいるか?その時とくに仕事がなくても、話をしに行ったり、一杯奢ったりする。情報網はそうやって作るしかないんだよ。

リーダーの条件は三つ。第一に、いかに腹を括り、覚悟を決め、責任を持って仕事に取り組めるか。第二に、いかに部下やお客様に対してフェアでいられるか。第三に、いかに品格を保てるか。

一致団結してモノづくりに励んでいた時代なら、体力があって仕事にフルコミットメントできる男性に比べ、女性に不利な面が多かったのは事実です。いまはそのころに比べ、女性の働く環境は格段によくなりました。むしろ邪魔をしているのはビジネスに女性は不利だという固定観念です。それさえ払拭できれば、女性であることのメリットのほうが大きいと私は思っています。

3年後の目標から逆算し、今日の目標に落とし込む。この手順を踏むと、今日すべきことが明確になるし、それを達成することに意味がある、と信じ込める。

ものの事実は手でつかむことだ。読むだけ、見るだけではわからない。

いきなり大きな達成感が来るのを待っていても、たぶん、いつまでたっても来ない。でも、小さな達成感を味わうことは、毎日の生活の中でできます。日々、小さな達成感を見つけていけば、いまの仕事がもっともっと好きになれるのではないでしょうか。その小さな達成感は、池に投げ入れた小石が水面に穏やかに波紋を広げていくように、人生をじわじわと楽しい方向へ変えていく。僕はそう信じています。

私も、20代の頃には社会性もなく、研究室に閉じこもりたがるタイプでしたが、嫌々でも何でも学会に出かけてみたら、そのうち、外出をすればものすごくたくさんの収穫があるものなんだと気づきました。自分の発表に対する反応を見れば、どのように受けとめられる研究なのかも直にわかりますし。

仕事に不安や不平不満はつきものですが、トンネルの先に希望の光が見えていたら、それらはかなり減っていきます。日本の経営者、特に大企業の経営者たちは社員に光を見せていない。光とは方向性です。社員に対して方向性を示すことのできる人が経営者であって、示せない人は単なる管理者(マネジャー)にすぎません。

「もうこれでいい」と思った瞬間から、会社の没落が始まる。

ページの先頭へ