佐治信忠の名言・格言|市場調査を信用してはいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

市場調査ばかり信用するな。ヒットして初めて分かる理由がある。事業展開には数字に表れない時代の感性が必要。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

信頼関係は自分自身の心の反映だ。たとえ、自分が損をしたとしても、人を信じていく。その中でしか、信頼関係は生まれない。信頼とは、外に求めるのではなく、自らの心の内にもとめるべきものなのだ。人生というのは魂の修行の場ではないかと考えている。苦難は魂を純化、深化させるために与えられている試練であり、成功もその人間がどこまで謙虚でいられるかを試すものでしかない。

モノやサービスを提供する側がまず考えなければいけないのは、価格ではない。大切なのはあくまで中身だ。無論中身が同じなら、価格が安いほうがいいに決まっているが、価格を抑えるために中身を犠牲にするのは本末転倒というものだ。

製造業は生産コストを引き下げて競争力を強化するために、海外へ生産工程をシフトさせるのですが、そのことは同時に市場に最も近い場所で生産し、販売するというもう一つの競争力を生み出すことになります。いってみれば、世界中で最も安くて品質のいいものを作るのに適した土地で生産を進める、最適地生産によって競争力をつけることができるのです。

我が国で成功している企業は、一から十まで西欧の模倣によるもので、日本独特のものはなんら進歩のあとが認められない。高等教育を受けた者はみなバタ臭い方向に行って、味噌、醤油をつくる仕事はいやしい仕事として敬遠されている。私はその不合理と不思議を心もとなく思った。

気づいている人間にはチャンスがたくさん巡ってくるわけです。この時代の転換期に旧来の社会システムの破たんに気付かず、ぼんやりしていれば他人から搾取されるだけなのです。それが良い悪いという話ではありません。僕が言いたいのはこれは歴史上で繰り返されてきた事実だということです。

Googleには大きな秘密がある。当社は世の中で思われているほど型破りな企業ではない。われわれのやリ方には独特なものも多いが、そのほかの 点については事業は全く伝統的な方法で進められている。ごく一般的な財務システムとITシステムを備え、独立した取締役会を持っている。

私は現在200ほどの特許を持っています。もちろん私は企業家ですから、これらのアイデアを商業ベースに乗せようと考えて商品化しようとしてみます。ところが、実際に売ってみるとうまくいかないことが多い。正直言って儲からないのです。アイデアを商業ベースに乗せるには、いくつかの関門を通らなければなりません。(1)アイデアが画期的なものであるか、現段階のものより優れているかどうか。(2)実際にうまく作れるか。(3)はたして世の中のニーズに合っているか。

ページの先頭へ