佐治信忠の名言・格言|とにかくやってみろ

社員一人ひとりが「自分自身がやってみなはれ」の意気込みで新たなチャレンジをしていきます。

佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

好奇心を持ってさまざまな領域にチャレンジし、そこから得られるエッセンスをいかに自らの血肉として吸収できるかどうかが重要。

とにかく何事にもチャレンジだ。そして動け。右に行くか左に行くか迷っているのであれば、とにかく動いてみれば分かる。

チャレンジを恐れず、リスクをとりなさい。

従来の延長線や改善も大切ですが、一番大事なのは、今までになかったことへのチャレンジです。

当社は常に社員の長所を優先し、チャレンジする機会を与えています。

大切なことは挑戦すること。守りに入れば、お客様は離れてしまう。チャレンジを続けている間は、お客様はついてきてくださる。

経営環境が厳しい、だからアメリカのようにチャレンジして、失敗してもまた敗者復活があるような、観光の中にそういう社会環境を作らないといけません。

今までやってきたことを続けていくのでは、「より良い」になりません。常にチャレンジしていく必要があります。

経験を積むには時間がかかる。だから有望な人材を若いうちから発掘し、チャレンジングな経験を積ませる必要がある。

部下がどれだけその仕事に執着できるかどうかは、上司の姿勢如何。とにかくバットを振らせる。チャレンジの場を与えることが必要。

スピード感を持って新分野にチャレンジしていくことが大事。

遊び心がないところに、ブレークスルーは起きない。儲けるところで儲け、遊ぶところで遊び、チャレンジすればいい。

挑戦をやめてしまえば、しょせん並のものしかできない。理想をどんどん高めていって、それを実現したときに初めて人の感動を呼び起こすことができる。理想がなくなったときに人間の創作意欲は失せてしまう。それが原因で自殺してしまう芸術家さえいる。理想を失うということ、追い求める心を失うということはそれほどまでに恐ろしいことだ。

ページの先頭へ