佐治信忠の名言・格言|悠々として急げ

このエントリーをはてなブックマークに追加

悠々として急げ。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ウィスキーの仕事は私にとっては恋人のようなものである。どんな苦労でも苦労とは感じない。むしろ楽しみながら喜んでやるものだ。
【覚書き:京都の山崎に日本初の本格ウィスキー工場を建てた当時を振り返っての発言】

将来の結果は誰にもわからないというしかないが、正しいと確信する道を歩んでいるだけだ。当社は市場を啓蒙しようと考えているわけではない。任天堂は任天堂を守るためにやる。照準は来年のクリスマスだ。

人生には四つの貯金というのがあります。第一に知識の貯金、第二に友人の貯金、第三に健康の貯金。そして、この三つの残高が大きくなると第四のお金の貯金が自然とできるものです。

私はいかなる失敗も、チャンスに変えるよう常に努力してきた。

怒るのは自分の知恵の足りなさを認めるようなものです。うまくいかなくても、やったことは全部、将来の自分のプラスになります。価値に徹することができるのは、勝利以上に大きな志と理念があるからです。

我々の世代は「働く」の反対語は「休む」である。ワークの反対はレスト、これでは創造的ではない。ワークの反対はプレイ。そして、この二つが両立してこそ、新しい文化が花開く。ワークを一生懸命にやれば、プレイも命がけでする。それが若者ではないか。

誰もやったことがないからこそ意味がある。失敗を繰り返すなかで独創的な技術に至るものが出てきます。すぐに商業化にはつながらないけれど、非常に価値のあることなんです。

私はソニーに入るまで、ソニー製品は絶対壊れないと思っていた。それは、私が買ったソニー製品が壊れたことがなかったから。

選手たちと話をすると、ここは残しながら、ここはこうしてほしいとかそういう話はしょっちゅうです。無理難題を克服すると、他との差別化できる一段階上の商品ができる。それは難しいことだけれど、いい商品を作るためには必要な部分です。

人間の歴史を経済的にみると、毎年何%伸びるというような、単純な伸びかたをするのではなくて、伸びる時期には急速に伸び、やがてそれがゆるんでゼロ成長の状態になり、またある時期に急速に伸びる、そういうことの繰返しであろうと思うのです。

ページの先頭へ