佐治信忠の名言・格言|経営者にとって『勘』とはなにか

(経営に一番大切なのは勘という発言に対しての言葉)誤解のないように言っておくと、もちろん、今日は何か悪い予感がするといったような第六感じゃないですよ。普段の勉強とか経験から自分の中に蓄えてきたものだと思います。この勘をどう磨いていくか。どうすればいつも勘が冴えるかを考えること、それが経営者にとって重要じゃないですかね。

佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

レンタルビデオは価格と品ぞろえの多さが勝負。この先は会社が大きいほうが勝つだろうし、自分のアイデア自体で勝負する仕事ではない。それでは意味がないし、自分の力は出てこないと思ったんです。でも食べ物なら自分たちの個性やアイデアも出せるし、そういう嗜好品の方がおもしろいなと、そこで飲食業で何かできないかと考えました。

浅野秀則の名言 格言|自分の事業の本質を理解しておく


あら探しをするよりも改善策を考えなさい。

ヘンリー・フォードの名言・格言|問題をさっさと片付けるヒント


考えるということは、あらゆる作業のなかでいちばんの重労働なのですが、そこを省いてしまう人が多い。そこを楽しようとしても、何も手に入らないのですが。

マイケル・ブルームバーグの名言・格言|最も辛い労働は考えること


人生で大切なものは、勇気と創造力、そして少しのお金だ。

岡本多計彦の名言格言|人生で大切な3つのこと


企業の成長にスピードとタイミングは必要の条件です。グローバリゼーションとは、日本から世界へ市場が広がったと同時に、日本市場にも世界の企業が参入することを意味します。つまり、グローバリゼーションによって市場の競争原理が導入され、日本の伝統的な組織の動かし方が通用しない時代が到来したということです。

西田厚聰の名言 格言|経済のグローバル化は、外国企業が日本市場に参入してくることでもある


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ