鈴木敏文の名言|お客様の立場で観れば、需要は必ず伸びる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様の立場で観れば、需要は必ず伸びる。


鈴木敏文 の経歴

鈴木敏文、すずき・としふみ。日本の経営者。セブン&アイホールディングス会長。中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手のトーハンに入社。その後、イトーヨーカ堂へ移り、創業者伊藤雅俊の右腕として活躍し、セブン-イレブン・ジャパンを設立。コンビニエンスストアという形態を全国に広め小売業界を激変させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

お金にシビアなだけでいいなら、経営者なんて要りません。「あれこれ言うが、要するにカネか」と思えば、技術者は簡単に面従腹背的なことができます。彼らを納得させて働かせるには「この人は専門家ではないけれど、俺たちより先を見ている」と思わせなければならない。

私がお勧めしたいのは「会社を辞めずに独立する」という方向性です。会社の仕事を続けながら、自分なりの天職やライフワークを模索するのです。私自身、会社の仕事とは別に始めた執筆活動が大きな充実感とやりがいをもたらしてくれています。本業がおろそかになると考える人がいるかもしれませんが、私は執筆活動の充実にともなって会社の仕事の質もよくなっている実感があります。

人間の欲求もある意味バランスをとるようにできていて、素直にそれに従っていればバランスよく生きられるはずなんだけど、欲求の方向が一方行だけに傾くと、それを達成したときに燃え尽きてしまう危険がある。

経験上、メモは見返さない。すぐ発信し、有効活用を心がけています。

これまでのキャリアを棚卸しして、自分の価値観が「お金を稼ぎたい」「社会に貢献したい」など、どこにあるのかを見つけましょう。それが、今後どういう働き方をすればいいのかを判断するための、大きなヒントになるはずです。

企業はマネジメントを最小にとどめることで、最大の結果が生まれる。マクドナルドは、この規模の企業にしては珍しく、最も組織化されていない企業である。そして、マクドナルドの経営幹部は他のどの企業の人間よりも仕事熱心だと思っている。

適当なノートやメモ帳を「ネタ帳」として持ち歩き、気が付いたことを何でも書きとめましょう。ネタ帳は折に触れて読み返すと、そこからビジネスのアイデアが生まれることもあります。また、面白い話を読んだり聞いたりすると、誰かに伝えたくなります。ネタ帳があれば、人前に出るのが苦手な人でも話題が豊富になってコミュニケーション促進の効果があります。

ページの先頭へ