鈴木敏文の名言|質のともなわない見かけの合理化は合理化ではない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

質のともなわない見かけの合理化は合理化ではない。


鈴木敏文 の経歴

鈴木敏文、すずき・としふみ。日本の経営者。セブン&アイホールディングス会長。中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手のトーハンに入社。その後、イトーヨーカ堂へ移り、創業者伊藤雅俊の右腕として活躍し、セブン-イレブン・ジャパンを設立。コンビニエンスストアという形態を全国に広め小売業界を激変させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ここ数年、ビジネスモデルを変えようということで徐々にソフトを売る会社からソリューションの会社にシフトしてきました。

リーダーというのは、考えの深さや広さで相手を凌駕できる範囲でしか務まらないものなのです。相手に凌駕されてしまったら、リーダーを交代するしかない。現在の肩書が上だとか下だとかいうことは関係ありません。私も毎日が勉強ですよ。

企業文化こそが、社員の行動を支えている。企業文化は時に当たり前のように見えますが、実はすごい価値を持っている。

あくまでも我々の目的は、生活者の利便性を向上することによって「世のため人のためになる」ことにあります。このスタンスが一貫しているため、既存のルールとぶつかってしまうことがあるのです。

最初から完璧な試作品は必要ありません。ウォークマンの試作品も初めはガラクタ同然でしたが、それでも井深さんは感動し、事業化へと動き出したのですから。

うちの考え方は要するに、「カメラがほしくてカメラを買う人なんかいない」ということです。モノのないころは、車がほしくて車を買うという人がたくさんいたけど、もうそんな時代はとっくに終わっている。みんな、楽しみたいからモノを買っているのです。楽しむための手段として、その道具がほしいだけ。

何かを変えるには既存政党の抵抗を受けるのは明らかですし、それが大胆な改革であればあるほど水面下の調整で済ませるなど絶対に無理。だから、必然的に完全協調路線はとれない。

ページの先頭へ