鈴木敏文の名言|絶対妥協せず、とことん追求する

このエントリーをはてなブックマークに追加

絶対妥協せず、とことん追求する。それを当たり前のこととしてやってきたのがセブンイレブンなのです。


鈴木敏文 の経歴

鈴木敏文、すずき・としふみ。日本の経営者。セブン&アイホールディングス会長。中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手のトーハンに入社。その後、イトーヨーカ堂へ移り、創業者伊藤雅俊の右腕として活躍し、セブン-イレブン・ジャパンを設立。コンビニエンスストアという形態を全国に広め小売業界を激変させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社は現在、北米のシステム業界では40位くらいの規模です。これでは、大手の顧客から声がかからない。技術力の問題ではなく、顧客がまずドアを叩いてくれるかどうかの問題。それはブランド力や認知度の有無に大きく左右されます。

新しい仕事を始める時は、様々な壁が立ちはだかります。それは、参考にする前例がないことへの戸惑いなどから生じたりするわけですがそこを突き破るには、やはりアイデアが必要で、「それ面白そう!」と思ってもらえる企画を立てなければいけない。

面白い商品を開発して、とにかく多く市場に出すことが重要。

社内公募で「好きなやつ集まれ」と言っています。

会社の仕事はチームで進めるものなので、情報はできるだけ共有化し、業務の効率化につなげていくべきでしょう。課内のコミュニケーションが円滑だと、課長が間違いそうになると、部下が注意してくれますし、悪い情報もいち早く伝わってきます。

災害報道などを含む公共性の高い放送を健全に継続させることが最大の使命。広告市況に左右されない業種をさらに増やさなくてはいけない。

仕事は自ら創り出すもの。仕事を見つけるのではなく発明するものです。

ページの先頭へ