佐治信忠の名言・格言|理想の子育て

このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯やパソコンなどが発達し、子供たちを取り巻く環境はどんどん変化していますが、私は、太陽の陽を全身に浴びながら、もっと泥だらけになって、もっと思い切り遊ぶことで、友達や自然の大切さ、思いやりの心が醸成されるものと信じています。これからの日本を背負う子供たちが、より健やかに成長することを願って止みません。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

たとえば、英語で伝えたときと日本語で伝えたとき、相手の受け取り方が全く違う単語があるんです。単語というものは辞書に載っている意味だけではなくて、その後ろにあるニュアンス、影、におい、そういうものがすべて一緒にメッセージとしてついてくるものなんです。

私は生涯工夫ということをよく言う。社員の出来がいい悪いと言っても同じ人間。能力的には100人中98人までは五十歩百歩。天才や本当の劣等性は一人か二人にすぎないんです。仕事ぶりがいまひとつに見える人も、自分を磨いていないだけ。だから私はまず工夫しなさいと言います。そこではじめてものがよく見え、さらに頭に磨きがかかる。

優秀な人間は若い頃から目につくもので、そのためについついその人物を登用したがるが、経営者として気をつけなければならないのはそれによって大器晩成型の人間をスポイル(駄目に)してしまうことだ。

玄人筋がうなる商品を作りさえすればよいという技術志向一本やりの商売はとっくに通用しなくなっている。市場の動向を読み取り、業績の拡大につなげていくのが課題だ。

指導者とは教える人間ではありません。教えるのはある段階までのこと。指導者がもっとも心がけなければならないのは、生みだすことのできる人間に育ててやることです。教わったことが全部できたというだけでは大したことはありません。教わったものを土台にし、栄養にして自分自身の独特な何かを生みだすことができてはじめて一人前になるんです。

真剣な時間があれば、その反動として遊び呆けるときが必要である。遊びは仕事の影である。

社会は一つの船のようなものだ。誰もが舵をとる準備をせねばならない。

独創性とは、しっぽをつかまれずに盗むことである。

新しい世代の選手との交流法ですか?理解すれども容認せずです。まずわかり合う姿勢をとり、良いことは良い、悪いことは悪いと判断するということではないでしょうか。

スピードより方向性が大切だ。

ページの先頭へ