柵山正樹の名言|好調な状況でも危機感を

このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱電機は2014年3月期に、連結売上高が6年ぶりに4兆円を超えました。業績が非常に好調な状況で社長のバトンを引き継いだ形です。ですが、私自身は非常に強い危機感を抱いています。今の地平のままでいたら数年後には堕ちてしまう。就任早々、「変革に挑戦し続け、次の地平を拓く」というスローガンを掲げたポスターを全社に貼りました。


柵山正樹 の経歴

柵山正樹、さくやま・まさき。日本の経営者。「三菱電機」社長。兵庫県出身。東京大学大学院工学系研究科修士課程修了後、三菱電機に入社。電力・産業システム事業本部副事業本部長、電力システム製作所長、常務執行役、取締役専務執行役、執行役副社長などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社の強みは、お客様の業務に関心を持ち、追求するDNAです。お客様の業務内容を知ることで、本業強化まで視野に入れた支援に努めています。

意欲不足の陰に生活習慣の乱れが潜んでいる。生活が乱れたままの人は、決して人材として成長しない。

お客さんに「どなたか紹介してください」と頼むことも忘れずに。人は本当に良い商品なら人に勧めたくなるものですからね。

寝床につくときに、翌朝起きることを楽しみにしている人間は、幸福である。

むしろトラブルや制限があった方が、それだけよい広告が生まれると考えられるようになった。
【覚書き|JR東海の京都キャンペーンの広告を担当したとき、広告主から何度も駄目だしされ、その後「そうだ、京都、行こう。」の名キャッチコピーが生まれたことについて語った言葉】

報道のせいかわからないのですが、僕に先入観を持たれている方も少なくないのです。しかし、それは得だと考えています。悪いやつだと思われていて、会った瞬間いい人だと思われたいタイプなので。報道のすべてを信じるのは誤解が生じると思いますが、誤解をしていただくことは、ある種のメリットでもあるのです。

私からすると、昼休みを毎日1時間も取る人の気が知れない。食べるために1時間も無駄にするなんて……。しかも店に並んでまで食べるのは全く理解できない。

ページの先頭へ