柵山正樹の名言|粘り強く考えを伝えることが大切

私が受配電システム事業所長だった頃の話です。当時の工場は、リードタイムが長く、仕掛かり在庫も多かった。運営効率を高めるため、私はほぼ毎日工場に入り、現場の班長に「力イゼン」の重要性を説いて回りました。現場の班長の中には、最初は反発するような態度の人がいたのは事実です。それでも私は何度もしつこく話をし、こちらの考えを伝え、相手にも考えてもらえるように努めました。最終的には現場で自らが考え、行動してくれるようになり、工場のリードタイムと仕掛かり在庫は半分になりました。

柵山正樹 の経歴

柵山正樹、さくやま・まさき。日本の経営者。「三菱電機」社長。兵庫県出身。東京大学大学院工学系研究科修士課程修了後、三菱電機に入社。電力・産業システム事業本部副事業本部長、電力システム製作所長、常務執行役、取締役専務執行役、執行役副社長などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ソーシャルメディアの時代になると、「本物」でないと評価されなくなります。ユーザーの評価を直接聞けるようになり、すべてが見えるようになった。イメージ戦略だけでは見透かされてしまう。一部の企業はこうした動きに危機感を持っているかもしれませんが、コミュニケーシヨン下手でも本物を作っている企業は、逆に評価される機会が増えていく。そうした企業ほど、ブランド構築のために、ウェブなどのプラットフォームを作っておくべきでしょうね。

いまでもホームレス時代と基本的な金銭感覚は変わっていません。

海運会社は競合他社との違いを出しにくい。顧客が抱える課題にいかに的確な解決策を提案するかで差が付く。

躍動した経営をやるとかやらんとかいうことは、頂点に立つ経営者が使命感をひとつ持たなかったらいけませんな。指導者次第ということでしょうな。

話題の詰め込みすぎ、独りよがり、自分の言葉で話していない、評論家・批評家になっている、要約する力がない。これらはすべて「話がつまらない人」の特徴。

今も朝、子供たちを学校に送ってから出勤し、夕方は帰宅して子供と食事をして、彼らを寝かしたら、その後働きます。出勤時間こそ違いますが、相変わらず毎日12時間は働いています。オフィスにいないだけで、かなりハードワークを続けています。

ビジネス書や人の話などのストック型情報は、知識として保存する作業がカギになります。保存作業は2ステップで、まず必要な部分だけをパソコンに入力してメモをつくります。次のステップとして、メモを「統計データ」「人とシェアするもの」「時間が余ったら読むもの」の3つに分類します。ここで重要なのは、ファイリングに凝らないこと。メモの分類は、ファイルに放り込むだけで十分。見栄えを気にするのは、時間と労力の無駄です。

この厳しい状況でも、研究開発費は削減せずに逆に増額しました。絞ればそのぶん利益を上げることもできるでしょうが、それでは将来の楽しみがなくなってしまいますから。

出世の可能性がなくなっても会社に残るという人は、自分が会社の中でやりたかったがまだできていないことを、退職までの期間を考慮に入れながらやり遂げていくといいと思います。たとえば職場の雰囲気が暗く、いろいろな問題が生じていて何とか是正すべきだと思うなら、自分が旗振り役になって職場改革に取り組んでみるなど、会社への最後のご奉仕として取り組んでいけばモチベーションも維持できます。

人生は学びの連続。とくにいまの時代は目先の忙しさに追われて、インプットする時間がなくなってしまいがち。意識的にインプットに取り組む必要がある。

ページの先頭へ