柵山正樹の名言|粘り強く考えを伝えることが大切

私が受配電システム事業所長だった頃の話です。当時の工場は、リードタイムが長く、仕掛かり在庫も多かった。運営効率を高めるため、私はほぼ毎日工場に入り、現場の班長に「力イゼン」の重要性を説いて回りました。現場の班長の中には、最初は反発するような態度の人がいたのは事実です。それでも私は何度もしつこく話をし、こちらの考えを伝え、相手にも考えてもらえるように努めました。最終的には現場で自らが考え、行動してくれるようになり、工場のリードタイムと仕掛かり在庫は半分になりました。

柵山正樹 の経歴

柵山正樹、さくやま・まさき。日本の経営者。「三菱電機」社長。兵庫県出身。東京大学大学院工学系研究科修士課程修了後、三菱電機に入社。電力・産業システム事業本部副事業本部長、電力システム製作所長、常務執行役、取締役専務執行役、執行役副社長などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

コーチングは常に一対一で行われますが、これも重要なポイントです。人間関係をつくるのは一対一の積み重ねです。集団での会議をいくら重ねても、部下との距離が縮まることはありません。

粟津恭一郎の名言|人間関係をつくるのは一対一の積み重ね


社員には無駄はさせないが無理をさせてはいけません。

赤塚保正の名言|社員には無駄はさせないが無理をさせてはいけません。


私たちはみなビジネスマン、ビジネスウーマンである。あなたがアートを愛していてアートではお金が稼げないとしたら、やがて世の中はすべて、アートでさえもビジネスなのだと悟るだろう。

ドナルド・トランプの名言|私たちはみなビジネスマン、ビジネスウーマンである


会社というものは財務的にどれだけ余力があるかによって、そのあとどれくらいの期間続いていくかが決まります。ただ、悪い情報がトップに上がらない文化、正しいことを言いたくても口に出して言えない文化のもとでは、遅かれ早かれ確実に悪化していきます。取引先を見ていても、ミーティングに覇気がない、意思決定者が誰か分からないような会社は、やはりダメになっています。

樋口泰行の名言|企業の継続を決めるもの


いま振り返ると、私の仕事人生は、苦しい思い出ばかりです。とにかく何をやっても上手くいかないし、上手くいきかけると何かが起きて振り出しに戻される。その繰り返しで「自分は運が悪い」「能力がない」ということをつくづく思い知らされました。でも、結果的にはそれがよかったと思っています。

矢野博丈の名言|失敗が持つ利点


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ