榊原定征の名言|企業が競争力を失い、同時に生活が豊かになるということはあり得ない

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業が競争力を失い、同時に生活が豊かになるということはあり得ません。みんな同じ船に乗っているんですよ、ということをしっかりと示したい。


榊原定征 の経歴

榊原定征、さかきばら・さだゆき。日本の経営者。東レ会長。愛知出身。名古屋大学大学院工学研究科応用化学専攻修士課程修了後、東洋レーヨン(のちの東レ)に入社。経営企画室長、取締役、技術センター所長、専務、副社長などを経て社長に就任。日本経団連会長、日本化学繊維協会会長、内閣府総合科学技術会議議員、商船三井社外取締役なども務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は人間は、第一はどこで生まれたか、第二は両親および家系にどんな特色があるか、第三は習った先生にどういう影響を受けたか。それによって人間は決まるという考えを持っています。

人は自分の目線で物事を考えることが多いため、依頼時も思ったことをそのまま口に出しがちです。自分本位の依頼にならないように気をつけましょう。

経営者というのは、いかに社員の力をひとつの目標に向かって集結させるかが大事。

規則正しい生活を送り、生活態度を整えれば、疲れていても心が穏やかになるため、疲れが表面に出にくくなる。

私は人に頼んだ仕事が形になるまで、気にしないように心がけています。たとえば作成を頼んだ資料が順次送られてきても、一定量溜まるまでは手を付けずに放置します。待ち時間を減らそうとして一枚出来上がるたびにチェックしていたら、作業が途切れ途切れになり、かえって稼働率が落ちます。待ち時間も、まとめれば別の作業に集中して費やすことが可能です。

考えるときは、頭だけで考えないで、心を伴って考えなさい。働くときは、ただ手足を動かしているだけでは単なる作業にすぎないので、そうしたときには頭を使って、考えながら行うこと、そうすれば仕事となる。

うちでは一人の人間がさまざまな工程を自分で行なえる多能工を育てることにしたのね。だってあんまり細かく分業化されてしまったら、職人は「これは自分が手がけた仕事なんだ」という実感が持てなくなるよね。仕事に対する誇りもなくなるし、全体の工程を見る目も養えなくなる。だから職人を多能工に育てるのは、すごく大切なことなのよ。

ページの先頭へ