榊原定征の名言|企業が繁栄することは国民生活を豊かにする

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業と国民生活は利益が相反するという見方が一部であります。ですが、企業が繁栄することは経済の好循環を起こし、国民生活を豊かにすることにつながります。


榊原定征 の経歴

榊原定征、さかきばら・さだゆき。日本の経営者。東レ会長。愛知出身。名古屋大学大学院工学研究科応用化学専攻修士課程修了後、東洋レーヨン(のちの東レ)に入社。経営企画室長、取締役、技術センター所長、専務、副社長などを経て社長に就任。日本経団連会長、日本化学繊維協会会長、内閣府総合科学技術会議議員、商船三井社外取締役なども務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

働く人間すべてにとって、土台になるのはチャレンジする精神です。これがなければ、働く意味がないといってもいいでしょう。失敗することを恐れずに、進んでこそやりがいが生まれます。チャレンジして失敗したとしても、それは、次に成果を上げるための準備段階だと思えばいいのです。

私の場合、まずは「言いたいことを言ってみろ」と言うように心がけてきました。立場が上になると10のうち8、9を自分でしゃべっている人もいますが、会社組織において上司がやるといえば、部下は最終的にはついてこなければなりません。プロセスの最初の段階では、部下からいろいろな意見を言ってもらうのが正解でしょう。自分が言いたいことや思っていることを言う前に、極力、相手の話を聞く努力をする。

「タンブン」とはタイ人がよく口にする言葉で、「徳を積む」という意味だ。タイ人にとって、托鉢僧に食事を施すことはタンブンの代表的な行為であり、与えることによって幸せの種まきができると信じられている。それは、ブッダによって説かれた「布施」の教えからきている。

企業間で連動を強化すれば、思いがけない着眼点を見いだす力、英語で言うセレンディピティをまだまだ伸ばせるのではないか。

たとえ失敗しても、何度も復活のチャンスはあります。うちは、そういう会社です。

知恵とお金をかければ、新しい仕掛けはできます。しかし、本当に重要なのは現場の意思でしょう。上意下達だった文化を、現場が内発的に意見を出し合える文化へと変える必要がありました。

当社では、主力事業の営業利益のうち3割を新規事業に投資しています。主力事業が強い時にも、継続して新しい種を植える努力をしてきました。それが、今、コスメや飲食事業、ホテル事業という形になって少しずつ表れています。これらはそうした「3割投資」を続けてやってきた結果。気まぐれに「あれをやろう、これをやろう」と手を伸ばしているわけではありません。

ページの先頭へ