原田泳幸の名言|改革の第一歩は、本来の強みに立ち返ること

改革の第一歩は、本来の強みに立ち返ること。米アップルも日本マクドナルドも、復活のカギはそれだった。

原田泳幸 の経歴

原田泳幸、はらだ・えいこう。「日本マクドナルド」社長・会長、「ベネッセ」社長。東海大学工学部卒業後、日本NCR、日本ヒューレットパッカード、油田開発のシュルンベルジェ、アップルの日本法人社長、米国アップルの副社長を経て日本マクドナルドに社長としてヘッドハントされた。またベネッセの社長を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕は「酢豚のパイナップルと共産党は大嫌いだ」と公言していますが、共産党の思想信条とは関係なく、共産党機関紙の「しんぶん赤旗」にまで目を通します。大嫌いな共産党が何を考えているか、何を発信しているかを知るためです。

橋下徹の名言|大嫌いな相手が何を考えているか、何を発信しているかを知る


田中(角栄)さんは敵をつくらなかった。人を褒めるのは皆の前で、叱るのは一対一でというのを実践し、議論するときも相手を最後まで追い詰めずにその手前で止めていました。味方は一人でも多く、敵は一人でも少なくということですね。

小長啓一の名言|田中(角栄)さんは敵をつくらなかった


どんなに努力しても、それが時代の流れに沿ったものでなければ、世の中に受け入れられず、キャリア満足度の向上にはつながっていかないでしょう。逆に、「時代の半歩先」に向けての努力であれば、キャリア満足度向上につながる可能性が大いにあります。

高橋俊介の名言|時代の半歩先に向けた努力をする


私は改革を始めるにあたって、まず人材をそろえた。

ビクター・ルイスの名言|私は改革を始めるにあたって、まず人材をそろえた


かぜ考えることができないかといったら、安全で居心地のいい状態が未来永劫続くと、何の根拠もなく思い込んでいるからです。これから先も何も変わらないのなら、いままでのやり方を続けていればいいだけですから、自分で考えようなどという気持ちが起こらないのは当然でしょう。

江川達也の名言|人が考えなくなる理由


昔は、誰もがあまり資産を持っていなかったので、入るお金が少なく貧乏でした。支出を超える収入を得ることがなかなかできなかったので、家計簿は赤字だったのです。ところがいまは、世の中の生活全体のレベルが上がったため、家計が黒字か赤字かを見るには、収入だけでなく、持っている資産も考えに入れなければならないのです。

金児昭の名言・格言|自分の家計が黒字か赤字かは、収支だけを見ていてはわからない


どんな会社も現場の人はなんとかしようと一生懸命頑張っています。それでも業績が低迷するのは、ビジネスの方向付け、その優先順位、選択と集中、人の心に火をつける力など、やはり経営手法やリーダーの資質の問題に帰するでしょう。根本的な原因はその部分の経営のプロが不在だからです。

玉塚元一の名言|現場が一生懸命頑張っているのに業績が低迷するのは経営者のせい


額に汗しないと絶対に駄目だ。

本庄八郎の名言|額に汗しないと絶対に駄目だ


株の売買がうまくいかない原因は、「基礎知識が足りずにいい情報を得られない」「情報に対する判断の仕方がまずい」「損切りが下手」この3つのどれか。

藤本誠之の名言|株の売買がうまくいかない3つの原因


少子高齢化、過疎化、産業衰退など日本の根本的な課題に取り組むときに、かつての私のように頭でしか考えられない人が増えているように感じます。五感を使わずに都会のオフィスで働いていると、生きるリアリティを失いがちですが、人間には内側からエネルギーが湧き上がる場所があるのです。

立花貴の名言|五感を使わずに都会のオフィスで働いていると、生きるリアリティを失いがち


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ