ピーター・ドラッカーの名言|人間は「自分でなければできない」と錯覚していることが多すぎる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間は「自分でなければできない」と錯覚していることが多すぎる。


ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

言葉だけでなく、行動習慣を見直すことも大切です。コンプレックスは、すべて自信のなさから由来します。男性の自信は、7割が身体に対するイメージがベースになっていますから、身体を動かすこともお勧めします。

私は頑張るのが大嫌い(苦笑)。根性とか我慢も、あまり得意ではありません。ただし、一つだけ大切にしていることがあります。それは「踏ん張ること」。自分の期待どおりの結果が得られなくても、逃げ出したくなったり、諦めそうになったりしても、大きく足を広げて地面を踏みしめて踏ん張ることだけは大切にしてきました。

社員の幸せを考えると会社も成長する。

組織が本当に順調なときこそ、緊張感を持って、規律正しくきちんとした仕事をする必要がある。

不確実性を織り込むという意味では、大ヒットではなく中ヒットを狙う戦略も重要です。大ヒットはしょせん水ものであり、リソースを集中的に投下しても成功する保証がありません。しかし中ヒットなら、数を集めることで、リターンとリスクをある程度コントロールできます。たとえば初速が鈍い商品があれば、プロモーション費用を別の商品に付け替えてもいいでしょう。実際、業績のいいレコード会社やゲーム会社は、大ヒットがなくても中ヒットを量産することで利益を出しています。不確実性の高いところに膨大なエネルギーを使うくらいなら、割り切って切り捨てるという選択肢もあり得るのです。

目安としては全体の5%の人間とベクトルを合わせられれば、残りの指示待ち社員も動くようになるのではないでしょうか。

早口でたたみかけられたら、「少々お待ちいただけますでしょうか」と答えて勢いを止めましょう。脅すような態度に出られたら、「なぜお怒りなのですか?」と冷静に聞くのも良い方法です。うなずくだけで、いっさい返事をしないのもお勧め。相手は沈黙に不安を覚え、強く要求できなくなります。

ページの先頭へ