松下幸之助の名言|意志決定を誤らないためには

このエントリーをはてなブックマークに追加

刻々にくだす意志決定を誤らないためには、人を使う立場の者は常日頃から自分の人生観、事業観、社会観の涵養(かんよう=徐々に養うこと)につとめることが大切である。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

我々には移動通信を普及させる社会的な使命がある。我々はいうなれば、そのために選ばれたミッションを持った人間なのだ。

平日早起きしたから、休みの前の日ぐらいは夜更かししてもいいだろうとリズムを崩してしまうと、月曜日からまた早起きするのが難しくなってしまいます。それを防ぐには、土日も同じ生活を送ることをお勧めします。

どんな仕事であれ、仕事ができる人に共通するのは「好奇心」が旺盛なことである。彼らは自分の身の回りのことからいろいろなことを感じたり、小さな変化に気づく。そして、そこから発想を膨らませたり、新たなアイデアを生み出すことに長けている。

7・8年前の失敗をしっかり原因分析し、十分に下準備をしてからやってくれ。もう一度失敗したらそれこそ笑いものになるぞ。
【覚書き|「たまごっち」を再びやりたいという社員の提案にOKを出した後に言った言葉。たまごっち発売当初の熱狂的なブームは結局息が短く、結果的に60億円の赤字に終わった。この発言後に出した「たまごっちプラス」は長期間売れ、最終的にブーム時よりも売れて大きな利益をもたらした】

どうしていま田中角栄のような政治家が出てこないのか。それは政治家が守りに入ったからでしょう。田中角栄は何もない焼け野原から出発しましたが、いまの政治家は守るものがあってチャレンジしないのです。

自分のお金は大事に使うのに、会社のお金はバンバン使う。そんな人が多いので、私は店長たちにこう言っています。「店のスタッフに払う時給を、1時間ごとに自分の金から払ってみろ」。すると、サボってるスタッフがいたらとても払う気になれないでしょう。こうでもしないと、人の問題意識なんて変えられませんよ。

まだまだやり残したことがあるという気もしています。我が社もまだ発展途上です。今後は将来に向け、企業としての体制や組織を固めていかなくてはなりません。しっかりした後継者を育てることも大きな課題です。

ページの先頭へ