ビクトル・ユーゴーの名言|労働は生命なり、思想なり、光明なり。

労働は生命なり、思想なり、光明なり。

ビクトル・ユーゴー の経歴

ビクトル・ユーゴー(ヴィクトル=マリー・ユゴー)。レ・ミゼラブルなどの名作を残したフランスロマン主義の小説家、詩人。第二共和政時代の政治家。フランス文学に大きな貢献をした人物。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いまはどのメーカーでもマーケティングが偏重されているように感じていますが、営業でも宣伝でも、仕事において大切なのは、数字やグラフでは表すことができない、人の繊細な気持ちや機微、商品への愛情だと思います。


そりゃあ切れば血の出る人間のことだから、長い勤め人生活には、嬉しい日も悲しい日もあった。しかし、悲喜こもごもの一切をのんで、とにかく同じ会社にあってここまでやってこられたということは、私にとって「ありがたい」という一語に尽きる。


僕は「日本の農業」という名のでっかい城を攻め落とすつもりです。何年かかけて穴を掘り、城の下まで行って、奇襲をかける予定。一緒に戦う気のある人は僕の会社に来てください。


勝つことができるのは「大衆と逆を行く」人。


自分が考え抜けた理由は、やはり環境にあると思っています。誰もが復活は無理だと言うほどの逆境に、経営者という立場でさらされた。そんな環境が自分を鍛えてくれたのです。


効率を考えれば、ロングライフ商品を出すのが一番でしょう。ただ、ロングライフ商品への依存は企業が思考停止に陥る前段階で、結果的に大赤字の元凶になると私は考えています。


日本の場合は何かを創出することより、組織の存続が目的化していないでしょうか。結果として、組織の存続を目指す官僚的な人が重用されています。企業を官僚組織のように考え、トップになる人を「innovator(革新者)」と考えず、「bureaucrat(官僚)」と見る。そして、組織の長に調整型、あるいは調和型の人材を選ぶ。その行き着く先は緩やかな衰退でしょう。


私は男女雇用機会均等法が施行されて2年目の年代ですが、大学の成績が悪かったから、親のコネでどうにか大手企業から内定をもらいました。ところが卒業時に原因不明の病気になり、4年間も入院。社会復帰した時には26歳になっていました。もう日本企業ではキャリアを積めない。居場所がなくなったので外資系企業にキャリアの道を求めるしかありませんでした。最初に就職したのはモトローラ・ジャパンです。そこで通信という新しい産業と、グローバルにビジネスを展開する面白さに目覚め、仕事にのめり込みました。


他の全国紙に比べ部数は少ないですが、産経新聞の良さは、論調といいますか、路線にあると思います。タブーを設けずに、何にでも果敢に発言していく。特に、今の時代の風潮に対してはかなり強く警鐘を鳴らしてきたので、その点が評価され、時代に受け入れられているという実感があります。


「Education」は「教育」と訳されますが、本当は「その人が持っている力を引き出すこと」。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ