アレン・アイバーソンの名言|大切なのは身体の大きさではなく、ハートの大きさだ。

大切なのは身体の大きさではなく、ハートの大きさだ。

アレン・アイバーソン の経歴

アレン・エザイル・アイバーソン。アメリカのプロバスケットボール選手。バージニア州出身。スタープレーヤーとして活躍し、数々の記録を作った。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ユーザーのニーズはめまぐるしく変わってゆく。その変化に取り残されないようにするためには、技術開発のスピードアップは絶対条件だ。もたついていては、お客様の意識変化に追いつくことはできない。他社が商品を出してくるときには、こちらはすでに半歩先の商品を出していかなければならない。

脳の強化学習を支えるドーパミンという物質は、「100%できる」という状態よりも「できるかできないかの不確実」な状況の方がより分泌される傾向にあります。向き合う学習問題が簡単でも難しくてもダメ、ちょうどその中間あたりの学習をすることで脳が活性化されるのです。つまりドーパミンが分泌されるような学習法がベスト。

デッドライン(締切)に追われながら文章を書くと、焦りが視野を狭めて発想も短絡的になりがちです。そこで意図的に完成を前倒しして、このまま提出しても最低限の責任は果たせるという状況をつくるのです。緊張状態から解放されると、それまで思いつかなかった斬新なアイデアが思い浮かぶことがあります。文章のクオリティを高めるため、ぜひ余裕をもって作業に取り組んでください。

すべての悪いできごとは、あなたがたどる平和と達成への道筋をほんの一瞬見えなくするものにすぎない。

取引先への返品禁止はしまむらにとっても、取引先にとっても結局はいいことです。しまむらのものの考え方は、長期が基本です。取引先とも「太いパイプで長くやっていきましょう」が基本です。お互いに儲かる会社にしていきましょう。うちは営業利益10%を目指しますから、おたくも10%を目指してくださいと。

いい人を演じることに疲れたら、意識して自己中になることをおすすめします。まずやってほしいのは、自分の心の声にしっかりと耳を傾けること。ただし、頭の中で考えるだけでは自分の声もすぐにかき消されます。そこで、自分が本当にやりたいことや、本当はやりたくないことを紙に書き出します。書き出すことで、頭の中か整理されてモヤモヤが晴れていきます。やりたいことすべてを実行するのは現実的ではないかもしれませんが、書き出したものの中から簡単に実行できそうなものを一つやってみましょう。いままでいい人だったのですから、多少のわがままは周りも許してくれます。きっとそれによって主体性が回復して、自分が生き返ったような気がするはずです。

若い人が具体的な夢を持って努力するのは、素晴らしいことです。その努力に対して、企業がすべきことは、経済的なバックアップだと思っています。私は、企業が何かひとつ社会貢献をすればいいと思うんです。できることをできる範囲で支援する。そういう企業がたくさん集まれば、大きな力になります。

社会を変革するようなすごいアイデアは頑張り続けることでしか実現できません。

集中力を高めるには、揺れ動く心の振り幅を少なくすることが大事。そのためには、心を安定させるように、日々の行動を習慣化させるんです。それを2週間は続けてください。続けられたら、本当の習慣になって、集中力が高まれば仕事力が上がります。

大人には理解しがたいからといって若い感性を無視している人に、未来は見えてこない。大人が新しいものを生み出すには、若い人をフィルターにして未来をのぞくしかない。

ページの先頭へ