小林吟右衛門の名言|絶えず周囲や世間の人のことを思いやり、労苦を厭わず懸命に働けば、立派に一人前の商人として認められる

たとえ天秤棒を担ぐ小商人であっても、自分のことばかりでなく、世の中の一員としての自覚を持つことが大切だ。不義理や迷惑をかけないように、絶えず周囲や世間の人のことを思いやり、労苦を厭わず懸命に働けば、立派に一人前の商人として認められる。やがて相当の資産を築くこともできるものである。

小林吟右衛門(初代) の経歴

小林吟右衛門(初代)、こばやし・ぎんえもん。江戸時代の豪商。寛政10年生まれ。繊維商社「チョーギン」創業者。屋号は丁字屋(のちのチョーギン)。「丁字屋の吟右衛門」を省略して丁吟(ちょうぎん)と呼ばれた。天秤棒での網笠行商から始めて巨万の富を築いた商人。その後、代々の当主が「吟右衛門」の名を襲名した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

もともと肉や魚が苦手だったんですが、フランス料理をつくる以上、さばいて味見をしなければなりません。これを一生の仕事にするのは無理と悟りました。ただ、フランス料理の一環でデザートづくりも勉強し、お菓子だったら、自分がやれる範囲でつくることができると気づきました。
【覚書き|フランスのホテルリッツ内にある料理学校エコール・リッツ・エスコフィエで学んだ当時を振り返っての発言】

ものごとが上手く進んだときには、自分一人の手柄にせず、周りの人間にも感謝の気持ちを示すことが好感度をアップさせます。「おかげさまで」という言葉が自然と口に出せる人は、周囲に味方が増えていきます。

インターネットやスマホが普及し、誰もが自分に都合のよいものしか受け入れなくなっていると感じます。いつでも欲しい情報を手に入れることができるようになりましたが、自分の価値観に合ったものを探し、見つけて満足してしまう。その結果、価値がわからないものを拒絶してしまうのです。

人間はなぜかうまくいかないものを一生懸命やろうとするんです。簡単にうまくいくものはすぐ飽きてしまう。でも、大して苦労していないのにうまくいっているものに集中投資した方が本当はいいんですよ。

数字に弱く論理的思考力の低い人は、複雑なものを複雑なままに見て判断する能力がありません。白か、黒かしかない。本当は白と黒の間には、何千、何万という何段階にもわたる濃淡のグレーが無数にある。訓練をすればそれが見えてくるようになります。桁数の大きな数字を扱うケースも増えるだけに30代の業務では特にそういう数字への慎重さやセンスが必要になるのです。

僕は、いつでも必要なときに、本当に必要な人が現れて、手を差し伸べてくれるという恵まれた人生を送ってきたと思います。だけど、にこにこしながら、いつも一所懸命に頑張っていると、人は愛してくれるものだと思いますよ。

最近はあまりにも短いスパンでしか、ものを考えなくなっています。次の四半期は回標を達成できるだろうか、次の株主総会をどう乗り切ろうか、と。いきおい、自分たちが一番強い分野にリソースを集中してやっていこうとしている。短期的に見れば一番良い戦略でしょうが、自分たちの強みは10年後に消えてしまうかもしれない。例えば、音楽を楽しむ媒体は、レコードからCD、MP3……とドラスチックに変化しました。レコード針はもはや一部愛好家だけのもの。そういう変化を乗り越えて、自分の会社が輝き続けるにはどうすべきかという視点を持てば、全く違った戦略が出てくるはずです。

会長兼CEO(最高経営責任者)就任後は、高速道路の債務を45年償還することが最大の務めとなりますが、ではそれ以降、会社はどうなるのかと、とくに若い人は切実感を持っています。ですから、会社の将来に対する疑問に答えることが、CEOとしての私の務めだと感じています。

私たちはコーヒーやペイストリー(小さなケーキ)、現金、損失などを綿密に記帳し、何が良く売れているか把握するために個々の商品について追跡調査した。そのおかげで、常に資金繰りを明確にすることができたのだ。こうした情報の蓄積によって、新製品を売り出す際に明確な目標を設定することも可能になった。

自分に与えられた役割をきちんとこなしながら自分を成長させる人が真のプロフェッショナルです。与えられた状況の中でいかにベストを尽くすかということです。

ページの先頭へ