布施辰治の名言|生きんべくんば民衆とともに、死すんべくんば民衆のために。

このエントリーをはてなブックマークに追加

生きんべくんば民衆とともに、死すんべくんば民衆のために。


布施辰治 の経歴

布施辰治、ふせ・たつじ。日本の弁護士、社会活動家、弁護士。宮城県出身。東京専門学校(のちの早稲田大学)を経て、明治法律学校(のちの明治大学)を卒業。判事検事登用試験に合格、司法官試補になる。宇都宮地検で検事代理を務めたのち、退官して弁護士になる。刑事事件や社会問題に積極的に関与。朝鮮独立運動や朝鮮人関連事件の弁護を担当。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

英語の学習法はさまざまですが、私がお勧めしたいのは英語のビジネス書と翻訳本の読み比べです。ビジネス書は難しそうだと思うかもしれませんが、論理的に話が展開されているため、目次を地図代わりに全体の構造を確認しながら読み進めることができます。意外に難しいのが、絵本や物語。独特な言い回しや造語が使われていることが多いのです。「ハリー・ポッター」シリーズなども実はかなり難解。

人間は誰しも長所と短所があって、自分にも短所や嫌な面が必ずある。それによって「自分は不完全な人間だ」と自覚し、謙虚になることができる。

SONYの社名をつくるにあたって決められた2つの重要な決定基準

  1. 文字数は少ないこと。文字数が少ないほど印象面から見て極めて有利である。しかも誰でも簡単に記憶に残してくれる。しかし、3文字はあまりにも多くの組み合わせが使われており、混同を生じてしまって好ましくない。4文字ないし5文字であること。
  2. 世界に進出する以上、どこの国でも同じ発音で読まれ、感じよく耳に響く名であること。

一気に伸びる人の共通項は、一見出来が悪いように見えても、とにかく一生懸命に食らいついてくること。

矛盾しているようですが、研究によれば、あなた自身の帰属意識を高める最良の方法は、他の人たちに、「自分は高く評価されているのだ」と、しっかりと自覚してもらうこと。他人の「仕事への貢献」を認め、感謝を表し、その人の仕事以外の生活について、心からの関心を示すこと。

お客様アンケートを社員全員に見せれば、誰が何をしているかが明るみに出るため、疑心を抱かなくなります。ズルをすれば全従業員に知れ渡りますから、ズルをすることはなくなります。それがお客様の信頼にもつながります。ほかの営業マンが何をして成功したのかがわかれば、「あいつはお客様のためにこんな工夫をしていたのか。俺も頑張ろう」という気持ちにもなります。

日本人は質問する力が弱く、授業でも静かに聴くのがいいと考えている学生が多いようですが、それでは社会に通用しません。私の授業では、いつ指名してもすぐに質問できるように工夫をしています。「問いを立てる力」は「意見を構築する力」につながるからです。その点、外部講師の講座では積極的に質問する姿が見られ、頼もしいですね。

ページの先頭へ