フィデル・カストロの名言|人間、死ぬ時は何処にいても死ぬ。

人間、死ぬ時は何処にいても死ぬ。

フィデル・カストロ の経歴

フィデル・アレハンドロ・カストロ・ルス。キューバの政治家、軍人、弁護士。キューバ・ビラン出身。ハバナ大学で法律を学ぶ。大学生時代に革命叛乱同盟(UTR)に参加。政府軍と対立。大学卒業後、弁護士として貧困層のために活動。将軍フルヘンシオ・バティスタのクーデター後、武力勢力を組織。キューバ革命を主導した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「さまぁ~ず」はコンビ名こそ変えましたが、コンセプトは変えなかった。ブレることなく基を変えずに続けていった結果、今や売れっ子になることができました。

目標の前にまず目的があって、目的の前にミッションがあります。数値目標は、ミッションを実現するための施策を積み重ねるとどうなるかという目安に過ぎません。まず数値目標を定めてから施策を決める会社もあるかもしれませんが、私たちはそれとは逆のアプローチです。

お金は頑張って稼いで、しっかり使った方がいい。お金がなくてものんびり暮らせばいいという人もいますが、それは自分勝手な考え方です。お金があれば、自分以外の人を幸せにすることができます。事業を起こせば、人を雇用できるし、税金を納めることができます。

会社経営でも、私は「損失は出すな」とだけいって、それ以上の目標は役員にも社員にも課しません。ただ、私一人の胸のなかに描く理想の企業像ならあります。その一端を言葉に表せば、「1カラットしかなくても、10カラットのダイヤより輝いているような会社」。見かけの規模よりも中身が本当の勝負だということは、ずっと意識してきました。

保守というのは、古いものを守って、じっとしていることではありません。祖先という地下に眠れる魂のマグマ、建国以来の歴史のエネルギーが、現在を動かし、新しいページをめくってゆく、激しい改革運動でもあります。

良かった時のソニーは大賀さん(大賀典雄社長)という1人の人間の思いを前面に出して、製品をつくっていました。だから官僚主義で老中、家老がいっぱい控えている日本の一般的な企業とはまったく違うことができたわけです。

失敗をしたくないなら自分の得意分野で勝負することです。サッカーの得意な人が野球をやってもその人の能力を活かせないように、私がもし金融マンだったら、きっと失敗していたと思います。

私は16歳でこの道に入り、27歳のときに会社を起こしました。1971年のことです。当時は、大量生産された使い捨て感覚のモノが氾濫し始めた時期でしたが、私は「こういう暮らしに慣れると、何でも使い捨てにする感覚が心に染みついてしまうんじゃないか」という気がしました。そういう世の中になってきたからこそ、「百年、二百年使い続けられる家具をつくろう」と考えました。

わたくしは毎日が戦闘モードですから、お客様に対しても真剣に向き合ってきました。もしわたくしが、お客様から尊敬され認められている部分があるとすれは、それは仕事に対して真摯であることと、一日も休んだことがないという実績だと思います。

仕事でいえば、いまは集団プレイができない人が多いと思います。組織の在り方のせいもあるのでしょうが、みんなでやればいいところでもバラバラにやる。映画の中にも一致団結していろいろやるシーンがあるのですが、そういうのはいま、なかなかないですよね。

ページの先頭へ