フィデル・カストロの名言|人間、死ぬ時は何処にいても死ぬ。

人間、死ぬ時は何処にいても死ぬ。

フィデル・カストロ の経歴

フィデル・アレハンドロ・カストロ・ルス。キューバの政治家、軍人、弁護士。キューバ・ビラン出身。ハバナ大学で法律を学ぶ。大学生時代に革命叛乱同盟(UTR)に参加。政府軍と対立。大学卒業後、弁護士として貧困層のために活動。将軍フルヘンシオ・バティスタのクーデター後、武力勢力を組織。キューバ革命を主導した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

成功体験と失敗体験を、ともに多く積んでいる人と、そうでない人の差はどこにあるのか。それは、ひと言でいえば、チャレンジ経験の差である。チャレンジとは、目の前の壁を乗り越えようと踏み出すこと。そこを首尾よく越えられればいいが、途中でザイルが切れて転落するかもしれない。そんなリスクも受け入れることである。壁を避け、無難な道ばかりを選んでいると、たまたま幸運に恵まれてリーダーの立場に立ったとしても、ともすると裸の王様になってしまう。すると、そこで初めて自分の人間力の欠如を痛感し、若いころチャレンジしなかったツケを払わされることになるだろう。

堀紘一の名言|チャレンジすることで得られるもの


斬新なアイデアやひらめきを得るには、パフォーマンスを発揮する心技体が必要です。自分自身にいろんな刺激を与え、散歩や十分な睡眠で体調を整えるようにしています。

星野佳路の名言|アイデアやひらめきを得るために必要なこと


ロボットの外観はある意味、何を提供できるかを約束しています。例えば、ヒト型のロボットだとユーザーは大きな期待をするかもしれません。ルンバはヒトではないように見える。それこそがとても重要なことです。世の中にある多くの人間を模したロボットに対して人々は大きな期待をしてしまいます。でも思ったほど賢くないとがっかりします。片やルンバは大きな約束をしていないので、失望しません。もちろん部屋を掃除するという約束はきちんと果たします。

ロドニー・ブルックスの名言|過大な約束をしない


やる気とは、脳を巡っている神経伝達物質が、活動することで得られるもの。だから、やる気を出したければ、味やにおい、あるいは視覚を遮るなどで脳を騙すことが有効。

佐々木正悟の名言|やる気を出したければ、味やにおい、あるいは視覚を遮るなどで脳を騙すことが有効


お声がかかればどこへでも行きますね。そこで出会える新たな人との新たな刺激が、ビジネスの発想にもつながっています。

市川典男の名言|様々なところに顔を出すことの効用


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ