土光敏夫の名言|自分の火種には、自分で火をつけて燃え上がらせよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の火種には、自分で火をつけて燃え上がらせよう。


土光敏夫 の経歴

土光敏夫、どこう・としお。日本のエンジニア、実業家。「石川島播磨重工業」「東芝」社長、「経団連」名誉会長。東京高等工業学校(のちの東京工業大学)卒業後、石川島播磨重工業に入社。その後、東芝との合弁会社の社長を経て、石川島播磨重工業社長に就任。合理化を徹底し経営危機を乗り切る。その後、経営危機に陥っていた東芝の経営再建を依頼され社長に就任。第4代経団連会長。「ミスター合理化」「荒法師」「怒号敏夫」「行革の鬼」また猛烈な働きぶりから「土光タービン」と呼ばれた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

イチロー選手は、試合後、ミットやバットの手入れを専門係に任せず、自分で行う。手入れは、彼にとって試合を振り返り、自分と向き合う時間。同時に、結果が悪くても、手入れが終われば、気持ちを明日へと切り替えている。

ここへきて、iPadなどHDDを内蔵していないタブレット型PCが急激に売れ行きを伸ばし、従来型PCのシェアを奪っている。もし日本電産の事業構造がいまなおハードディスクドライブ用精密小型モーターの「一本柱」のままなら、業績の落ち込みは深刻だったに違いない。PC以外に家電・商業・産業用、車載、その他の三本柱が育ってきたから、こうした一時的な波乱にも耐えることができたのだ。

この業界は男社会でやってきました。半面、女性はまじめで、サボることを知らないし、体力的には弱い。だから、辞めていった女性社員がたくさんいました。しかし、それも上司次第とも言えます。店長がしっかりしているところはあまり女性社員が辞めない。だから女性を配属するときは、店長がしっかりとしているところにしますね。そうしてようやく女性支店長も4人と増えてきています。リフォームの部隊は900人のうち550人が女性です。女性ならではのきめ細やかさを求めるお客様は少なくありませんから。

夢の到達点までのベクトルや方向がイメージできていない人ほど、目先で全然違うモノや違う方向を見て思い悩んでいるように思います。それが、一番の時間の無駄だと思います。それぞれの人生の俯瞰図と近隣が見渡せるロードマップが手に入れば、迷うこともなくなり、理想でしょう。

IT関連の仕事をするためには、コンピュータのプログラム能力があったり、最新の技術を知っていなければならない、というのは単なる思い込みである。実際、世間で注目されるIT関係のベンチャー企業の創業者と会って話していても、ITオタクでない人はたくさんいる。むしろITの細かい点については、「えっ、こんなに緩いのか」「いい加減なのか」と驚くくらいの人のほうが、優れたベンチャー経営者になっているように思う。仕事を進めるうえで必要な能力は、ひとつひとつの「点」にではなく、その「間」にこそあるのである。

我々が競争相手と考えるのは、ユーザーを取り囲むあらゆる娯楽だ。それはSNSかもしれないし、雑誌やゲームかもしれない。

アイデアを発酵させるためにもノートを活用しますが、ここでも図解やイラストを多用します。ひとつのベースとなるキーワードをノートの中心に書いて、そこから派生する言葉を書き続けていくのです。図解にすると、時間がたって読み返したときでも理解しやすいのです。

ページの先頭へ