松下幸之助の名言|大切なことは、うろたえないことである。慌てないことである。

このエントリーをはてなブックマークに追加

大切なことは、うろたえないことである。慌てないことである。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「我々はどういう企業であるべきか」を軸に製品開発を行っています。発想ありきではありません。

たとえ欲のスケールが小さくても、対象への執着が深いと、そこが弱みとなってつけこまれる恐れがあります。執着心は自分が依って立つ基盤が小さい人、あるいは単線になっている人ほど強くなりがちです。騙されないようにするためには、これを失ったら後がないという状況に自分を追い込まないことが大切です。

グロービスは欧米大学のようなブランドがない分、講義に不満があった場合に受講料を全額返金する制度を導入。顧客満足度を高めると同時に、実践的かつ革新的な教育に力を入れ、差別化を図ってきた。

なぜ直感やひらめきを大事にするかといえば、人間の意思決定は非常に感情的なものだからです。多くの人は、物事を情緒的に捉えて感情的に反応します。人間を相手にする集客ビジネスには、ひらめきや直感があるほど有利になります。しかし、直感に頼りすぎると人間は大きな失敗を犯します。そこで直感やひらめきでなんとなく見えてきた「行きたい場所」に対して、そこへたどり着くためのストーリーを考えます。これを戦略と言います。

SNSでの交流には、独特の距離感が求められます。また、頻繁にブログやメルマガを更新するためには、それなりのコツが必要なのです。独立直後の多忙な時期、ネット活用にまごついていると、ビジネスで遅れを取る危険性が大。そこで、独立前からネットに触れ、思いどおり使えるようにしておきましょう。

チームというのは「器」です。器が壊れていれば、良い人材を採用しても成長しないし、新しいシステムや制度を導入しても成果は出ない。逆に器がしっかりしていれば、中にいる人間同士に共同意識が生まれ、シナジーが発生します。外から人材や制度を持ってこなくても、今いるメンバーでパフォーマンスを最大化できるのです。

思い描く到達点に至るまでには数多くの経路があり、まるで迷路です。あるとき、行き止まりに直面する。絶対に到達点にたどり着けないなら、それは失敗で別の道を行かなければなりません。一方、本当は到達点へ続いているのにそこで諦めるなら、永遠に到達することはできません。

ページの先頭へ