渋沢栄一の名言・格言|経営資金を集めるときに重要なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

限りある資産を頼りにするよりも、限りない資本を活用する心掛けが肝要である。限りない資本を活用する資格とは何であるか。それは信用である。信 用はそれが大きければ大きいほど、大いなる資本を活用することができる。世に立ち、大いに活動せんとする人は、資本を造るよりも、まず信用の厚い人たるべ く心掛けなくてはならない。


渋沢栄一 の経歴

渋沢栄一、しぶさわ・えいいち。日本資本主義の父と称えられている幕末から昭和の実業家、武士。武蔵国(現:埼玉県)出身。藍玉と養蚕を家業とする半農半商の家庭に生まれ、幼少より商売と論語をはじめとする中国古典を学ぶ。横浜の外国人居住地焼き討ちなどを計画するも実行直前で説得され取りやめる。幕府に目を付けられ故郷を離れ京都に向かう。平岡円四郎の推挙により徳川慶喜の家臣となり、慶喜の弟昭武の付き人としてヨーロッパに留学。帰国後は、大蔵省に入省。度量衡、国立銀行条例などの制定に尽力。退官し、サッポロビール、王子製紙、日本郵船など数多くの企業設立に携わる。日本の株式制度設立に尽力。初の民間銀行第一銀行創設者。渋沢財閥設立者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

iモードのスタートから三年くらいは「iモードの公式サイトになる=マーケティング完了」といっても過言ではない状況でした。ユーザーの獲得は、通信事業者が行ってくれますから、自分たちのマーケティングはとくに必要ではなかったんです。メニューのところまでくれば他社との競争はありましたが、当時はiモードのコンテンツ自体が少なかったので、自分たちが良いサービスを提供してさえいればユーザーが自然についてくるという非常に恵まれたありがたいビジネスモデルでした。現在、iモード全体のアクセスの半分以上が公式サイトではないところに集まっています。最初のころのように、公式サイトにならないとビジネスにならないといった状況ではないと思います。

アメリカの大きな会社が金でソフトメーカーを囲い込んで同じことをやろうとしているが、うまくいかないだろう。来年にはゲーム機を発売するようだが、再来年の年明けには答えが出ているだろう。

娯楽という分野は、つねに従来と異質のものを開発しなければならないのです。つまり改良の程度ではダメです。このビジネスの世界は一日かかって説明しても、なかなか理解してもらえないのではないかと思うほど難しい。

私は持っているテクノロジーをすべて引き替えにしても、ソクラテスとの午後のひとときを選ぶね。私たちはこの世界に凹みをいれてやろうと思ってここにいるんだ。そうでないなら、なんでそもそもここにいる必要があるんだい?

金なんかなくたって、心が豊かで、誰にも迷惑をかけずに、好きなことをやっていけたら、これが一番幸せな人生なんだろうな。俺は若いころから好きなこととなると無我夢中になった。だって、嫌いなことを無理してやったって仕方がないだろう。人間「得手に帆あげて」生きるのが一番良いからね。ただし、俺が好きなことばかりやってこれたのも、会社でも家庭でもいいパートナーがいたからなんだ。

旧野村財閥の創始者・野村徳七が昭和16年に日本で初めて投資信託を手がけた時も、役員会では全員が反対しました。そのとき、野村徳七は「新しい事業はみんなが賛成してはうまくいかない。少なくとも八割が反対するくらいの事業に価値がある。もし、元本保証ということが引っ掛かるのなら、私財を投じて保証する」と言い切って、投資信託に乗り出しました。この気概と度量が大切なのではないでしょうか。

僕は頭の中が多重人格になっているんじゃないかと思うんです。小さなころからいつもキョロキョロしていて、通信簿には落ち着きがないと書かれていました。でも、落ち着きがあったら今日の僕はなかったでしょうね。昔から、人をじーっと見る癖があるんですよ。こういう顔をした人は、こういう服を着て、きっとこういう靴を履いているだろうと思うんです。それで、確認して、やっぱりな、と。何の意味もないんですよ。でもそうやって見ていると、その人のライフスタイルまで大体わかる。

ページの先頭へ