本田宗一郎の名言|失敗のない人生なんて面白くない

このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗のない人生なんて面白くないですね。歴史がないようなもんです。


本田宗一郎 の経歴

本田宗一郎、ほんだ・そういちろう。日本の経営者。自動車メーカーホンダの創業者。高等小学校卒業後、自動車修理工場のアート商会に丁稚奉公として入り、6年の勤務ののちのれん分けを受け、故郷の浜松で独立。その後、本田技研工業株式会社を設立し二輪車の研究をスタートさせる。ホンダを世界的企業へと育て上げた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は往々にして「謙虚な気持ち」に欠けることがあると自覚しています。だから、ことあるごとに「謙虚であれ」と口に出していうようにしています。

人間は万物の尺度である。あるものについてはあることの、あらぬものについてはあらぬことの。

我々の業界では、ひとつのヒット商品が出ると、すぐそれを真似た類似商品が市場にあふれますが、当社ではなるべく類似品はつくらないようにしています。新人のころは他の商品の真似でもかまいませんが、必ずそこに自分たちの強みを乗せることで、オリジナリティを出すようにしています。

衆知は勝手に集まってくるものではありません。「衆知を集めたい」という強い気持ちがあり、それがその人の態度や物腰に現れて、ようやく衆知が集まってきます。

東レは基本的に人を裏切らない。新しいものをどんどん開発していくためにも、人を大事にするという基本的な考え方が大切。簡単にリストラしたら、「あっ、おかしいな」と社員も逃げてしまう。

アメリカ人は引退したあと投資家になって資産運用をしている人が多い。フランス人やイタリア人は、若いころから「早く年金生活に入って、田舎で農家でもやりたいよ」といっていて。実際に引退したら田舎でのんびり暮らしています。これは民族性の違いというほかないでしょう。

緊張感が張り詰めすぎていると、自分を含め、みんなが力を発揮できない。ちょっと緩いぐらいの空気になるよう、場を整えるようにはしています。

ページの先頭へ