孫正義の名言|言い訳は解決への執念を鈍らせる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

言い訳は解決への執念を鈍らせる。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ヘコんだときにはマンガを手に取ることが多いですね。というのも、マンガは感情移入がしやすく、気持ちの切り替えが簡単にできるからです。オンタイムで稼働していた脳をオフへと切り替えるのにも効果的ですし、仕事に役立つ思いがけない名言を見つけて、一石二鳥ということもよくあります。

原価を下げるだけでは驚きのある商品は提供できない。

困った時には原点に帰るというのが大事。

残業や急ぎの仕事などを断るとき、本当に予定があるときには「今日は予定があります」と正攻法で断るのが一番です。しかし予定がなくても、断りたいときもあるものです。それには、大義名分を立てることが大事です。頼まれると反射的に「わかりました」と答えてしまうような人は、日ごろから言い訳を用意しておくといいでしょう。

目の前の仕事に集中しようとすればするほど、つき合う人も、普段自分の周りにいる人や自分と同じような人間に偏りがちなものです。そして、知らず知らずのうちに会社や業界の論理にとらわれて、それが絶対的な基準になっていく。すると発想も、従来の枠組みを出ない限定的なものになってしまうのです。そうならないためには、できるだけ自分とは異なる人たちに会うことです。

ビジネスの土着化には、既存製品の海外営業や現地生産とはアプローチがまったく異なる。まったく新しい事業を始めるくらいの意気込みで、長期的展望を持ち、慎重かつ粘り強く取り組む必要がある。

入社候補者の面接をするコツは、相手が言ったことではなく、言わなかったことを考えるんです。私が必ず聞くのは「どうしてこのホテルで働きたいのか」「仕事の中でのモチベーションは何か」「仕事でハッピーになるのはどういったときか」の3点ですが、そこで返ってきた答えだけでなく、言わなかったことが何なのかに着目するのです。非常に日本的な概念かもしれませんが、行間を読み取るのです。その人があえて言葉にしなかったこと、発言するときの声の高さ、言い回し、すべてをフィーリングで感じ取るのです。

ページの先頭へ