松下幸之助の名言|道をひらくためには、まず歩まねばならぬ

このエントリーをはてなブックマークに追加

他人の道に心を奪われ、思案にくれて立ちすくんでいても、道は少しもひらけない。道をひらくためには、まず歩まねばならぬ。心を定め、懸命に歩まねばならぬ。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

誰が応援団かで信用も付いてくる。例えばソフトバンクの孫さんは、シャープの佐々木(正)さんが応援団だった。あの人が応援しているなら、信用できるだろうとこうなる。昔からおじさんキラーが成功の秘訣である。

僕が「ブレない人生」にこだわるのは、人生は短く、悲しいことに一度しかないからだ。人生を深く味わうためには、あれこれブレている余裕はない。せめて自分なりの目標を目指し、人生を深く味わうよう努めるべきであろう。

成長途上のベンチャー企業などではトップ自ら遅くまで仕事をする姿が見られるが、私の場合、報告や決裁などは就業時間内に収まるよう求めている。もちろん長い時間を要する仕事もある。かける時間とかけない時間のけじめが大切で、これはトップが率先してやるべきだ。

ミクロで見れば利益が出ている事業もあるが、全体、マクロで見れば赤字だ。我々はやはり、マクロで見て強くなければならない。でなければ、この大きな企業を維持する理由がない。

やる気を刺激するものが何かあれば、人間はいつも以上の力を出すものです。

いまの情報化社会では知識や計算は簡単に手に入る、出来るものです。だからもうあまりそれらに意味はない。これからの時代の人間にとって大事なのは決断する事だと思います。

当社は、経験の有無に関わらず、教育によってIT人材を創出する、言い換えれば、IT業界という成長分野に新たな人材移動を実現できる企業であるということが大きな特徴。

ページの先頭へ