渋沢栄一の名言・格言|オーナーたった一人が儲かる商売は潰れる

このエントリーをはてなブックマークに追加

一個人のみ大富豪になっても社会の多数がために貧困に陥るような事業であったならばどんなものであろうか。いかにその人が富みを積んでもその幸福は継続されないではないか。故に国家多数の富を致す方法でなければいかぬというのである。


渋沢栄一 の経歴

渋沢栄一、しぶさわ・えいいち。日本資本主義の父と称えられている幕末から昭和の実業家、武士。武蔵国(現:埼玉県)出身。藍玉と養蚕を家業とする半農半商の家庭に生まれ、幼少より商売と論語をはじめとする中国古典を学ぶ。横浜の外国人居住地焼き討ちなどを計画するも実行直前で説得され取りやめる。幕府に目を付けられ故郷を離れ京都に向かう。平岡円四郎の推挙により徳川慶喜の家臣となり、慶喜の弟昭武の付き人としてヨーロッパに留学。帰国後は、大蔵省に入省。度量衡、国立銀行条例などの制定に尽力。退官し、サッポロビール、王子製紙、日本郵船など数多くの企業設立に携わる。日本の株式制度設立に尽力。初の民間銀行第一銀行創設者。渋沢財閥設立者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

iモードのスタートから三年くらいは「iモードの公式サイトになる=マーケティング完了」といっても過言ではない状況でした。ユーザーの獲得は、通信事業者が行ってくれますから、自分たちのマーケティングはとくに必要ではなかったんです。メニューのところまでくれば他社との競争はありましたが、当時はiモードのコンテンツ自体が少なかったので、自分たちが良いサービスを提供してさえいればユーザーが自然についてくるという非常に恵まれたありがたいビジネスモデルでした。現在、iモード全体のアクセスの半分以上が公式サイトではないところに集まっています。最初のころのように、公式サイトにならないとビジネスにならないといった状況ではないと思います。

ネットワークゲームは次世代の主流にならない、という私の考えが正しかったと証明されるのを見ずに辞めるのは心残りだ。

私にとって「年寄り」というものは、常に自分よりも15歳年上の人を意味する。

オリックスでは事業部門のトップが交代した場合など、いつも新しいトップに「交代してすぐに組織を変えるようなことだけはしてはいけない。組織図を書き換えるだけで上手くいくんなら、こんな簡単なことはない」と言っています。経営幹部は時として組織を変えるとそれで仕事を終えたようなように考えるからです。そういう気分になると、本当にやらなければならないことや変えなければいけないものが見えなくなってしまうからです。

焦らず、無理せず、背伸びせず。

吾人の心掛くべきは、積土成山にあり。或いは投機により、或いはその他の方法によれば、時に或いは一攫千金を得といえども、これ正しき道に非ず。生計に困る人ほど貯蓄の必要がある。

人間のやったことは、人間がやれることの100分の1にすぎない。

ページの先頭へ