ドラッカーの名言|真摯さはごまかせない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

真摯さはごまかせない。


ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私が入社した際、先輩から「10年は頑張りなさい。それでスタートラインに立てるから」と言われたのをいまでもよく覚えています。アナウンスの技術を磨くには、それくらい長い時間がかかるものなんです。ですから毎日の仕事の中で、自分が何を求められているのか、どう発声すれば伝わりやすいのかをとにかく考えてアナウンスをするしかないのだと思います。

好きな虫とりをやってれば非常にハッピー、後は全部譲ってもいい。世の中には奥さんに眉をひそめられてる虫マニアもたくさんいる。そこはお金があるとか家が広いとか、余裕が必要なんです。僕が若い頃は、大学の先生の夫婦喧嘩といえば8割は経済問題。虫を飼うのも「家が狭いのに、邪魔だ」という話になる。僕は、その余裕をつくるため必死で働いているんですよ。働くモチベーションって大事でしょ。

大企業は優秀な新卒を大量採用してきましたが、中堅以下の企業にはそんな余裕はありません。しかし、大企業も結局は採用した人材を生かし切れずにリストラしています。採用された方も、入社後に幻滅して自主的に退社する人が増えています。優秀な人材は大企業へ行ってしまうと嘆く中堅企業の経営者がいますが、それは違います。大企業を辞めた優秀な人材が結構いるのです。

社外取締役が入ると、取締役会に良い意味で緊張感が生まれます。従来、当たり前だった内容に質問があって、きちんと説明しなければならない。議論のポイントも少しずつ、変化してきていると思います。取締役会は確実に活性化しており、それが会社全体にもいい影響を与え始めていると感じています。

いまの仕事の進め方、ツールの使い方、プライベートの過ごし方……。身の回りのすべてに対し、思い込みにとらわれず、ひとつひとつ検証していく。それが、仕事を効率化するための第一歩ではないでしょうか。

我々がニューヨーク発祥のブランドであり、職人技が細部まで行き届いた手作りのレザー製品を展開する「本物」であることをしっかりと伝えていかなくてはなりません。こうした伝統に加えて、若々しいアメリカンカルチャーを組み合わせたものがコーチだ、と。

仕事中にほかのことに気をとられてしまう問題を解決するには、事前のスケジューリングが大切です。小さなタスクも含めた緻密な予定を組めば、「これなら一日ですべての仕事をこなせる!」と確認できます。不安材料をなくすことによって、目の前の仕事に集中できるようになります。最近は「グーグルカレンダー」など、詳細な予定を短時間で楽につくれるツールがあります。高い能率性によって作業中のストレスを減らせるITツールも、集中力アップの強い味方なのです。

ページの先頭へ