ドラッカーの名言|真摯さはごまかせない。

真摯さはごまかせない。

ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

現代に蔓延する「やる気ない病」は、自分の目標や将来像、理想像を描く能力が不足している人ほどかかりやすいといえます。実際のところ、日本人のほとんどが感染しているといっても過言ではありません。


人として、サラリーマンとして、経営者として、変えるべきもの、これだけは変えてはならない普遍的なもの。その区別がつくかが、勝者としての条件なのです。


大手IT企業が自動車メーカーのライバルとなるなど、予想もしなかった競争相手が出現する時代です。そこで生き残るには、常に備えておかなければなりません。そのためにも、幅広く知識を学び情報を集め、未来を予測する。学ぶことはいくらでもあります。


ゲームセンターにはいろんな世代の人が来ますから、大人も子供も楽しめなくてはいけない。


飲食店はうまくいっているときはいいですが、リスクも非常に高い。だからこそ、初期投資は出来るだけ抑え、FCのように5~6年といった単位ではなく、1~2年で回収できるぐらいのスピードでやらないと、個人では怖くて独立できない。


いまはスーパー個人力時代。所属する会社なんてどうでもいい。看板に頼った働き方じゃ生き残れない。


現在の日本ではIT化というと、ほとんどの場合、業務の効率化が目的です。しかし効率化を追求することと、収益をあげるということは必ずしもイコールではありません。業務が効率化して人件費が削減できたものの、それによってサービスレベルまで低下してしまい、一番大切な売上・利益を落としたという例は多くあります。業務の効率化はもちろんですが、それ以上に「コミュニケーションを円滑にする」「ライバルに勝つ」「組織を強くする」「お客様に愛される」といったところをITの目的とすべきです。


私がいま創業したとしても、おそらくこれほど業績を伸ばすことはできないでしょう。その意味で私は恵まれていました。


不満とは自分自身への過大評価から生まれます。「私はもっと凄いんだ」というプライドが高い。だから昇進や処遇に不満を持ち、怒るわけです。


ちょっと疲れているぐらいのときのほうが感覚は研ぎ澄まされている。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ