スティーブ・ジョブズの名言|将来何らかの形で点がつながると信じることが大切

先を見通して点をつなぐことはできない。振り返ってつなぐことしかできない。だから将来何らかの形で点がつながると信じなければならない。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

入社2年目に、上司に(財)微生物化学研究会に出向しろと言われたときは、正直言って「自分は会社に必要とされていないのか」と悩みました。でも今になってみると、あれは社外の人と交わるまたとないチャンスでした。若い研究者は社内に閉じこもらず、どんどん外の空気に触れるべきだと思います。

企画持ち込みで事業化した例もいくつもあります。事業の可能性や採算性も見ますが、その人の思いや熱意を重要視しています。

自分や自分が大事にしている家族や恋人がこんな境遇に追い込まれたらどうなってしまうのか。小説という虚構の世界を通じて、読者に登場人物と同じ体験をしてもらう。そうすれば、読んだ人は自分のこととして感じたり、考えたりすることができる。

いま、当社の社員は70人ほどですが、それがちょうど、私がきちんと見ることのできる人数の限界です。その意味で、「経営者の能力限界=会社の規模の限界」になるのかなと思います。逆にいえば、リーダーが成長すれば、それだけチームも成長することになります。

思い込みや常識を排し、数字、ファクト、ロジックによって、目標達成に必要な道筋を考え、仕事を組み立てていく。それが当社の必要としている人材であり、私にとってともに仕事がやりやすい相手でもあります。

私はいまの子供は、足りないということを知らないのが問題だと思います。これは大人社会の影響であって、お腹が空くとか、我慢して小遣いを貯めて欲しいものを買うとか、そういう経験が少なく、欲しいと思ったらコンビニで簡単に手に入る世の中になってしまいました。その結果、我慢をすることを知らない子ばかりになってしまったような気がしてなりません。

優秀な人は、仕事そのものに価値を見出しています。だから仕事に前のめりで取り組めるのです。一方、自分の仕事に価値を感じていない人は、労働の対価としてお金や物を求め、もともと好きではないから気分が乗らずに手をつけるのも遅くなる。

怒りがコントロールできないと悩んでいる人は、穏やかな自分になれないことが不満なのです。理想とする「穏やかな自分」が現実の「怒りっぽい自分」に怒っている。怒りで怒りを止めることは無理です。怒りもすれば、喜びもするのが人間ですし、どんなに怒りっぽい人でも、四六時中怒っているわけではないでしょう。自分を許すところからしか、怒りのサイクルを出ることはできません。

私は常日頃から「人の真似をするな」と言い続けてきました。これも全員に浸透していると思います。商品でも徹底して当社は他の物真似をしていません。これは「独自のものを創れ」と言い続けてきたからこその結果ではないかと思うのです。

3K(きつい、汚い、危険)の仕事に人が携わらなくて済むようにしたいですね。人間はアイデアを出すとかエンジニアリングをするとか、そちらに集中する方がいいと思います。製造業に従事する人数は減る方向になります。でも、頭を使って製造業をエンジニアリングしながら楽しむ。「こんなふうにロボットを利用しよう」ということを考えてほしい。人間がどんな仕事をするのが一番人間らしいか、というところまで思いを馳せて「ロボットにやってもらった方がいいな」という仕事は任せた方がいい。

今が一番の正念場だとも思っています。今までは順調に展開してきましたが、今後は気を引き締めていかなければなりません。お酒の買取事業へ新規参入する事業者が増え、競争が熾烈になっているからです。さらに、大手モールの販売手数料の増加や配送料の値上がりなど、外部要因による経営の圧迫もありますので、生き残っていく為にも既存の仕組みを工夫し変化させていく必要があります。

知的資産を主力商品としている会社の例にもれず、我が社も最高の人材を探し出し、引き留めておくことに骨を折らなければならない。昔から大学や先見の明のある企業は、最高の人材を集め、引き留めておくために、定期的に長期休暇を設ける必要があることを理解していた。その制度の下で、ハードワークに疲れた人は息抜きに旅行したり、地域活動に参加したりと、自由に使うことができる。
【覚書き|マイクロソフトで長期休暇制度を導入した理由について語った言葉】

名刺で仕事をするな。

ページの先頭へ