スティーブ・ジョブズの名言|将来何らかの形で点がつながると信じることが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

先を見通して点をつなぐことはできない。振り返ってつなぐことしかできない。だから将来何らかの形で点がつながると信じなければならない。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

資格の勉強などで用語を覚える必要がある場合は、寝る前に読んだり書いたりしてから寝ると、しっかり覚えられるのでオススメです。

国内外を問わず多くの交渉で成功したのは、事前に相手を知り尽くしていたからです。

「強みを伸ばす」という発想は、大学受験の時に身についたのかもしれません。高校時代の私は、嫌いな学科は全く勉強する気が起きなかった半面、得意だった理数系の科目は非常に面白いと思い、よく勉強しました。超難関大学に行くつもりなら「苦手科目を克服する」という勉強方法を取るのが普通なんでしょうが、私は「得意科目を伸ばして、行けるところに行くのが一番」と思っていた。結果、大阪市立大学工学部に入学しました。

初心者が陥りやすい失敗として、中途半端な分散投資も挙げられます。ビジネススクールの教科書などを読むと、「分散投資をするとリスクが減らせる」と書かれています。確かにそうなのですが、初心者の分散投資は失敗のもとになることが多いと私は考えています。よく知らない会社の銘柄を買うことに繋がるからです。

君が思い悩み、迷ったことは少しも気にすることはない。何かをつかんだはずだ。

今後、海外は貧富の差があったり、食べるものが貧しかったりする地域に積極的に出していきます。皆に食べて喜んでもらいたいという思いだけですから。どさくさに紛れて儲けようなどとは思っていません。経営理念は、どの国においても変わりません。

どんなに正しいことを言っても、それを相手が実践しようと思わなければ意味がありません。相手がやる気になって初めて、自分の言いたいことが伝わったことになるのです。ですからリーダーは、何を話すかだけでなく、どう話せばもっと部下が関心を示してくれるか、どうすればより伝わるかを考え、表現の仕方を工夫することが必要です。

ページの先頭へ