スティーブ・ジョブズの名言|将来何らかの形で点がつながると信じることが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

先を見通して点をつなぐことはできない。振り返ってつなぐことしかできない。だから将来何らかの形で点がつながると信じなければならない。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

誰しもが「無理だ」と思っていることを、悔しいから何とか成し遂げる。このことを繰り返すうちに、周囲の評価が少しずつ変わってきました。一目置かれるようになったのです。

計画に入っていたにせよ、いないにせよ、寄り道したときにこそ面白いことが起きる。

社内に起こるであろう軋轢も予測したうえで、能力のある人に場所と環境を提供する。今流の効率経営の一方で、もう一度、そのような暗黙知を見直してみることが、会社と社員の新しい関係を築くことにつながっていくのではないでしょうか。

権力は最大限の思いやりをもって使われたとき、最もその良さを発揮する。

儲けたら還元したほうが気持ちいい。世の中のために、それをやり続けることで価値が生まれてくる。

私は、同じような店を出しても仕方がないと思い、自分で新しい市場をつくっていこうと決意した。「いつの時代も、新しい市場をつくるのは若者だ」と思っていたので、若者と女性客が入りやすい店づくりを目指した。

良いブランドだと信じるなら安易に変えてはいけません。良いブランドはある種の厳格さをもって社内外の圧力から守られなければなりません。

ページの先頭へ