渋沢栄一の名言|やるなら全力で

このエントリーをはてなブックマークに追加

事を成し、物に接するには、必ず「満身の精神」をもってせよ。ささいな事であっても、いい加減に扱ってはならない。


渋沢栄一 の経歴

渋沢栄一、しぶさわ・えいいち。日本資本主義の父と称えられている幕末から昭和の実業家、武士。武蔵国(現:埼玉県)出身。藍玉と養蚕を家業とする半農半商の家庭に生まれ、幼少より商売と論語をはじめとする中国古典を学ぶ。横浜の外国人居住地焼き討ちなどを計画するも実行直前で説得され取りやめる。幕府に目を付けられ故郷を離れ京都に向かう。平岡円四郎の推挙により徳川慶喜の家臣となり、慶喜の弟昭武の付き人としてヨーロッパに留学。帰国後は、大蔵省に入省。度量衡、国立銀行条例などの制定に尽力。退官し、サッポロビール、王子製紙、日本郵船など数多くの企業設立に携わる。日本の株式制度設立に尽力。初の民間銀行第一銀行創設者。渋沢財閥設立者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

電子化した名刺の整理は、自分の思考回路に合わせてフォルダー分けすることが肝。この原則で考えれば、自分にとっての正解が見つかると思います。

メリットだけの説明は、全体像がつかめないので、胡散臭く感じるものです。デメリットを隠したい気持ちを抑えて、両面を話すよう努めましょう。

38歳のときに東京へ異動になり、「スタジオパークからこんにちは」という新番組の司会に抜擢されたんです。僕はそのときも、それまで培ってきた「NHKらしくない自分」を思いっきりぶつけることにしました。そうしたら視聴者から「タレントではなく、ちゃんとしたNHKアナウンサーを司会にしてください」というお便りが来たんです(笑)。しめたと思いました。ヒットする番組というのは多くの場合、「51%が支持し、49%の人が批判するような番組」なんです。実際「スタジオパークからこんにちは」は大ヒットしました。

芸術鑑賞に必要なのは心と心が共感し、通い合うことだが、そのためには、たがいに謙譲の気持ちを持ち合わねばならない。鑑賞者は作者の言わんとするところを受け止めるのにふさわしい態度を養わねばならないし、作者の方は自分のメッセージをどう伝えるのか心得ていなければならない。

俺は毎晩家に帰って鏡に向かい、ニューカッスル(当時の所属チーム)の為に110%出し切ったと言える。

乱雑な机ではたった一枚の書類すら紛失する可能性大です。他人に迷惑をかける危険性をはらむことになります。仕事は個人戦ではなくチープワークです。周囲も自分もスムーズに仕事を進めるためにも、書類整理は必要不可欠だと心得るべきです。

地球の歴史を振り返ると、巨大隕石の衝突や全球の凍結などの偶発事に対し、生命が独自の進化をとげることで、地球環境そのものも変えていったことがわかります。いまは温暖化が問題視されていますが、地球環境を変えてきたのは人類だけではありません。地球と生命は常に互いを変化させてきたのです。

ページの先頭へ