渋沢栄一の名言|人と接するときの心構え

このエントリーをはてなブックマークに追加

言葉は真心を込め、行いは慎み深く、事を取りさばき、人に接するには必ず誠意を持って臨め。


渋沢栄一 の経歴

渋沢栄一、しぶさわ・えいいち。日本資本主義の父と称えられている幕末から昭和の実業家、武士。武蔵国(現:埼玉県)出身。藍玉と養蚕を家業とする半農半商の家庭に生まれ、幼少より商売と論語をはじめとする中国古典を学ぶ。横浜の外国人居住地焼き討ちなどを計画するも実行直前で説得され取りやめる。幕府に目を付けられ故郷を離れ京都に向かう。平岡円四郎の推挙により徳川慶喜の家臣となり、慶喜の弟昭武の付き人としてヨーロッパに留学。帰国後は、大蔵省に入省。度量衡、国立銀行条例などの制定に尽力。退官し、サッポロビール、王子製紙、日本郵船など数多くの企業設立に携わる。日本の株式制度設立に尽力。初の民間銀行第一銀行創設者。渋沢財閥設立者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

何においても「逆算の哲学」って大事ですよね。ゴールを決めておいて、そこに向かうっていう。

会社にいても、会社の外に出ても、稼ぐ力があれば困らない。長く安定収入を確保し、充実した人生を送ることが出来る。

中小企業が大企業に成長できるかどうかは、経営者に負けないぐらい会社のことを大切に思っている社員がどれだけいるかで決まる。

みんなが嫌だと思うところにこそチャンスはある。

経営陣が年取ると「蓋」になって新しい発想が外に出ていくことを妨げかねない。若い世代が頑張れる会社でなければ生き残れません。

企業家を悪徳利得家に変ずることは、資本主義に打撃を加えることになるであろう。なぜなら、それは、不平等な報酬の永続を許容する心理的均衡を破壊してしまうからである。

リーダーは、本社に隠れてはいけません。経営者は最も厳しい状況、すなわち危機の現場に自ら出向くのが基本です。リーダーが現場をサポートすることを示す必要があります。

常に謙虚であるならば、褒められたときも、けなされたときにも間違いをしない。

仕事をやり遂げた先に、その結果として別の何かがある。そんな生き方が、俺には一番合っているよ。

どうしても解決しないといけない問題、その答えが自分の中に無いのなら外に求めるしかありません。そのための読書はとても重要。

ページの先頭へ