渋沢栄一の名言|公に奉ずることを忘れてはならない

このエントリーをはてなブックマークに追加

常に愛国忠君の気持ちを厚く持ち、公に奉ずることを忘れてはならない。


渋沢栄一 の経歴

渋沢栄一、しぶさわ・えいいち。日本資本主義の父と称えられている幕末から昭和の実業家、武士。武蔵国(現:埼玉県)出身。藍玉と養蚕を家業とする半農半商の家庭に生まれ、幼少より商売と論語をはじめとする中国古典を学ぶ。横浜の外国人居住地焼き討ちなどを計画するも実行直前で説得され取りやめる。幕府に目を付けられ故郷を離れ京都に向かう。平岡円四郎の推挙により徳川慶喜の家臣となり、慶喜の弟昭武の付き人としてヨーロッパに留学。帰国後は、大蔵省に入省。度量衡、国立銀行条例などの制定に尽力。退官し、サッポロビール、王子製紙、日本郵船など数多くの企業設立に携わる。日本の株式制度設立に尽力。初の民間銀行第一銀行創設者。渋沢財閥設立者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

雇用が多様化した現在、職場には子育て中の女性社員もいれば、外国人もいる。派遣社員もいれば、業務委託先のスタッフもいるわけだ。こうした人々をまとめるには、縦の上下関係に強い従来のリーダーシップだけではなく、多様性を理解して部下のポテンシャルを引き出す新しいリーダーシップが必要となる。

当社では、社員の人間力を徹底的に磨きながら仕事に取り組んでいます。営業全員がお客様に直筆でお礼状を書いて、感謝の意を伝えるよう徹底。契約管理業務に携わるメンバーも同様に、誠意を持ってお客様に接するなど、全員が顧客志向を貫いています。

部下に仕事を任せたあと、完成するまで放っておいてはいけません。途中経過の状況をチェックするポイントを設けるようにしましょう。

様々なことをやってきましたが、経営の基本は集中です。一業種で日本一、世界一になることが成功の秘訣だと思います。

あなた達資本家の財産は、自分だけのものではない。あなたのいまの地位と財産は、従業員の勤勉な汗によって得られたものなのだ。彼ら従業員をあなたの財産の共同所有者とする必要がある。そしてその富は、もっぱら彼らの利益のために捧げて欲しい。

役員会議室には「現在窮乏、将来有望」と書かれた戒めの額が掛かっていますが、その言葉を常に意識していました。私たちは自分の足だけで立ち続けよう、航空事業は今は窮乏でも、絶対に将来はあるんだと。

集中と選択、経営の王道は一つのことを極めることです。

ページの先頭へ