渋沢栄一の名言|言葉には注意

このエントリーをはてなブックマークに追加

言葉は禍福ともに引き起こす入口のようなものだ。ほんのちょっとした言葉であっても、軽率に口にしてはならない。


渋沢栄一 の経歴

渋沢栄一、しぶさわ・えいいち。日本資本主義の父と称えられている幕末から昭和の実業家、武士。武蔵国(現:埼玉県)出身。藍玉と養蚕を家業とする半農半商の家庭に生まれ、幼少より商売と論語をはじめとする中国古典を学ぶ。横浜の外国人居住地焼き討ちなどを計画するも実行直前で説得され取りやめる。幕府に目を付けられ故郷を離れ京都に向かう。平岡円四郎の推挙により徳川慶喜の家臣となり、慶喜の弟昭武の付き人としてヨーロッパに留学。帰国後は、大蔵省に入省。度量衡、国立銀行条例などの制定に尽力。退官し、サッポロビール、王子製紙、日本郵船など数多くの企業設立に携わる。日本の株式制度設立に尽力。初の民間銀行第一銀行創設者。渋沢財閥設立者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

どうしてもメダルが欲しかった私は、リレー合宿のミーティングで自分からメンバーにお願いした。「引退するまでに、どうか僕にメダルを獲らせてくれ」と。後輩を引っ張るベテランが、こんなお願いをするのはかっこよくないかもしれません。でも「どうしてもメダルを獲りたい」どいう素直な気持ちを伝えたことで、私の「本気度」が伝わり、メンバーの心に火をつけました。

日産の販売会社に出向したとき、トップセールスの人が書いた本を20冊以上読んだ。どの本も8割は同じことが書かれていて、この8割こそ「営業のエッセンス」。ならば、8割の本質を守りつつ、自分に合った戦略や手法を工夫すればいい。

成果追求力(販売力)は最も重要です。明確な目標を設定し必死に追いかけることで、スタッフのスキルやモラルが向上します。逆に、成果や基準を示さなければ人は育ちません。

市民の声を活かし、応え、地域社会に貢献しようという、意を尽くし、人間性を大事にする企業グループの信条を貫くことが企業のゴーイングコンサーンをつくる。

仕事と文化的な面を両立させる日本の実業家は少ないのではないでしょうか。欧米の実業家は必ずコレクションをしていますよね。欧米の大きな美術館は、カーネギー、メロンやロックフェラーなどが集めたものが母体となっています。

私は非常に短い間に会社をつくって、墓場まで見送った経験があるんですよ。米ゼネラル・モーターズ(GM)傘下の部品メーカー、デルファイとのブラジルでの合弁事業です。1999年にNSKの工場の一部を貸して生産を始めたんですが、その前の契約交渉から2002年の合弁解消まで携わりました。この間に、多くのことを学びました。

現象の表層だけを見て判断を下してはいけない。まずは「待てよ」と立ち止まって、考えてみることが必要。

ページの先頭へ