フィリップ・コトラーの名言|市場全体を攻撃することは避けよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

市場全体を攻撃することは避けよ。


フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

投資家の要求に耳を持たない会社の株価は割安。ガバナンスの改善余地が大きいところは企業価値向上の余地も大きい。そのため、株主としての権利は、積極的に行使していく。

やらないと判断していることはたくさんあります。私が商品不足だと話すと、「人気があるなら、もっと値上げしてもいいんじゃない?」と言う人がいます。でも、これはしません。商品の価値は変わらないのに、今売れているからといって値段を上げるのは、お客様に対して誠実な態度ではないと思うからです。関係を短期的に考えているともいえるでしょう。いいものをつくり、自分たちがまっとうだと思う価格で販売する。そこがブレると、信頼は得られないと思うのです。

勉強したいことが複数あるとき、ひとつずつ集中して取り組んだ方が効率的に思えるかもしれません。しかし同じ勉強を長時間続けていると、途中で集中力が途切れてしまいます。そのときは10分間の休憩を挟んで別のジャンルの勉強に切り替えます。ジャンルが切り替わると新鮮な気持ちで勉強に取り組めるので、常に集中力が高い状態を維持できるのです。

「フラットな組織」が重要。言いたいことを、言いたい人に言える。そんな環境でこそ、正しい議論が生まれる。

ビジネスにおいて、勘は非常に重要です。数字やデータを見れば、今後の見通しはある程度計算できますが、どうしてもわからない部分が必ず残る。計算できない部分についてどうやって判断を下すかというと、やはり勘が必要になります。

書類の電子化によって、社員一人ひとりの業務効率が上がり、仕事にプラスになるということを会社側がきちんと説明できれば、企業規模や業種に関わらず、電子化への移行はそう難しいものではないと確信しています。また、そうして社員の間で理解が進むことによって、現場が率先して変革に取り組むようになる例をいくつも見てきました。

謙虚に学びつつ、同時に粘り強く提案を続けていくことで、私の話に徐々に耳を傾けてくれる人が増えていきました。
【覚書き|ホリプロ時代を振り返っての発言】

会社というのは、大きく成長させることも大事ですが、それ以上に永続させることが大事。倒産すると、社員をはじめ社会に多大な迷惑をかけますから。

人から、誰よりも頭のいい友達がいるからぜひ会ってみろと言われると、警戒心がむくむくと頭をもたげてくる。人は往々にして、自分が直接会った人や出来事は特別だと思い込んでしまう。これは人間の性質だ。人は誰でも、最高の人と知り合い最高の出来事を知りたいと思っている。だから、自分が知り得た人や物のメリットを過大評価してしまうのだ。

いかにお客様を喜ばせるかを考え、お客様の喜びを従業員全員で分かち合う文化が組織に浸透していなければ、従業員は率先してアイデアを出し、実行に移すことはできないでしょう。

ページの先頭へ