フィリップ・コトラーの名言|セグメントリーダーになるには

このエントリーをはてなブックマークに追加

鶏口となるも牛後となるなかれ。市場のある部分に対して、自社製品が最善の選択肢であると示すことが出来れば、そのセグメントでリーダーになれる。


フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

コンプライアンスの順守は当然のことですが、それに加えて節度が求められます。収益のためなら何をやってもいいわけではありません。売れれば収益は上がるが、売らないという判断も当然出てきます。各行員が、顧客に本当にいいことをしたとプライドを持って仕事をする。それが個人個人の品格であり、その総和が当行の品格につながります。

自分たちだけで利益を抱え込むことを考えたらスピードが落ちる。

夢を共有すると、ワクワクする気持ちがどんどん波及していく。特に地元メデイアの記者は、九州から生まれたこのななつ星を、全国に発信しなければいけないという使命感を持って記事を書いてくれていたように思います。ななつ星が話題になるにつれ、東京の本社から、「もっとななつ星について書いてくれ」と指示があり、うれしかったそうです。「九州から世界一を生む」ということに、一緒になって喜び、同じ九州で暮らす者として誇りを持ってくれたのだと思います。

オフィスデザインは、単なる空間デザインであってはならず、企業のデザインだ。

我が社では、設立前に「世界一のエクセレントゲームメーカーになる」という目標をつくりました。この目標を達成するために、日々いい製品をつくって売る。極端に言えば、それ以外のことは何も考えなくていいのです。

語呂合わせで報・連・相と覚えていますが、むしろ、相談・連絡・報告を実践すると仕事効率がアップします。セオリー通り、報告から入っても、ある程度進められてから「○○でした(いい話ではない)」と上司に言えば、時間をたっぷりかけていても成果は見込めないと判断され、プランは立ち消えといった残念な結果になることも。そんな徒労を防ぐにも、まずは早めに相談することが大切なのです。

私が常に意識するのは、読者の絶対数よりも「質」です。ここでいう「質」とは、購買力と購買意欲を持った読者のことです。つまり、そうした読者を束ねることで、広告主からも雑誌の媒体力を評価され、市場に影響力を持ったカリスマ性のある雑誌になれるのです。

ページの先頭へ