フィリップ・コトラーの名言|創造とイノベーションに継続的に取り組む企業だけが、実り豊かな将来を手にするチャンスを与えられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

創造とイノベーションに継続的に取り組む企業だけが、実り豊かな将来を手にするチャンスを与えられている。


フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

トライ&エラーを繰り返すうちに、「感動できるもの」「日本一・世界一のもの」「オンリーワンのもの」が、お客様に来ていただける条件だとわかってきました。何度失敗しても諦めず、努力した先にパッとひらめいた勘が、新しい発明や創造につながったのです。

百聞は一見にしかず。百見は一住にしかず。

Google創業者のラリー・ぺイジとサーゲイ・ブリン、またエリック・シュミットら、経営陣が共有していた考え方が、「優秀な若者の力を活かす」ということです。

ひとつの時代をひとつの視点で見るのには限界があって、そういうひとつだけの視点から解放されて、ものごとを「自分には興味がないことだけど、これを必要としている他人がいるかもしれない」と考えることで見えることなんて、いくらでもあるんです。

豊かさというのは、直感力を奪うんですね。豊かになるのはいいことですが、これまでの歴史を見ても、豊かさを極めた国は滅びています。

人生の目標を曖昧なままにしておくと、目の前の仕事に集中するモチベーションも湧きにくい。

シナリオの形式上の問題で必ずかくあらねばならぬということはひとつもない。それは自然に決定される。たえず次のことさえ忘れなければ。すなわち、どうすればシナリオの読者に映画を見ていると同じ気持ちにさせることができるか。

商談でのヒアリングの際に、お客様とこちらの話す量は「8:2」。主にお客様に話していただくことが大事です。「それなら弊社の○○がお役に立てます!」と話を奪うのはNGです。ヒアリングも中途半端になり、お客様にもストレスを残します。ヒアリングの段階では売りたい気持ちはいったん忘れて傾聴に徹すること。そして問題点を客観的に分析する姿勢を持ちましょう。

年老いて腰が曲がったものには、死は解放としてやってきます。自分自身が年老いて、死を最後には返さなければならない古い借金のようなものだと思うようになったいま、つくづくそう感じます。

仕事が山積みだと、終わりが見えず、ゲンナリしますが、小分けにすると、「そこまでは頑張ろう」という気になり、集中力が続きます。そして、小分けした分の仕事が終わると、小さな達成感が得られ、「もう少しやってみようか」という気になります。こうして集中力が続くサイクルに入れるわけです。

ページの先頭へ