フィリップ・コトラーの名言|企業全体で、日常的にアイデア創出の努力が必要

このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティング上のイノベーションは日時や場所を特定して生み出せるようなものではない。マーケティング部門で、そして企業全体で、日常的にアイデア創出の努力がされなければ不可能だ。


フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

一番恐れていることをすべき。

戦略はあるし実行する武器もある。大切なのは実行するスピードであり、より精度を高めることである。

集中すると不可能が可能になる。ビリから這い上がって成功する人は、みんなものすごい集中力を持っている。

自らイノベーションを起こしていくというDNAが、100年以上の会社の歴史を通してすべての社員に脈々と受け継がれてきました。イノベーションへの熱い思い、その歴史と継承こそがNECの強さなのです。

誰にだって自分なりの仕事の進め方があるはずなんです。だから「とにかく頑張れ」みたいな変な根性主義、旧帝国陸軍みたいな精神主義はやめて、自分のペースを見つけ出してほしいですね。そのためにも、集中すべきときに集中して、切り上げるときには切り上げる。そういうクレバーな仕事のやり方が、やはり必要だと思います。

会社はもちろん法人ですから、個人と違ってある意味、未来永劫発展する可能性もある。だから、私の死後も隆々と会社が発展していくためには、私の身の処し方はどうすればいいかと。未来から現在を照らし合わせて考え、私は今ここで身を引く必要があるだろう。これ以上、私が会社に居続けることで、当社がビジョナリー・カンパニーとして永遠に栄えることは難しいだろう。だから、これ以上創業者に依存する会社になってはいけない。それであえて、私は勇退という言葉を使って引退することにしたのです。

私は有難いことにサラリーマン時代、牛尾(ウシオ電機・牛尾治朗)さんやセコム創業者の飯田亮さんに出会い、起業することの素晴らしさを教えてもらいました。2人とも何のために会社をつくるかといったら、「新しい産業を創り、新しい雇用を創造するのだ」と。

ページの先頭へ