フィリップ・コトラーの名言|アイデアを募る

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォルト・ディズニーは最初の長編アニメ映画『白雪姫』の制作中、映画で使うジョークを考えて欲しいと全社員に依頼し、優れた提案に対しては謝礼を出すと伝えた。この謝礼が大いに効果を発揮し、素晴らしいアイデアが次々と寄せられた。


フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

医者は技術者であり、経営者でもあり、科学者です。その3本柱が成立しなければ医者として成功しない。

日本で2番目に高い山を知っていますか?山梨県南アルプスにある北岳です。標高3193メートルの高い山ですが、みな、日本一高い富士山しか知らないのです。若い現役の方には、この不況の波を上手に乗り越えて、一番を目指していただきたい。

反論や否定をする時は、「こうしなきゃダメだよ」と決めつけて選択肢を奪うのではなく、「私ならこうする」もしくは「私はこう思う」と言い換えると、相手を傷つけることもなく印象もソフトです。

どこを探しても小倉昌男(創業者)のような人材はいない。自分もなれないが、みんなで考えればできるし、なれる。

仕事が上手くいかなかったときも諦めずに続けてこられたのは、この仕事が好きだったからです。

育った人材が出ていくのは寂しいことですし、離職率が高いと採用費とトレーニング費がかかります。ですから、パフォーマンスの高い人ほど、組織から出ていかない環境をつくれば、離職率が下がるのではないかと考えました。一方、離職率が低過ぎると会社が淀んでしまいますから、5~10%がいいのではないかと。

我々は技術を核に、必要であれば他社と提携を進めていきます。顧客に新しい価値を提供するためには、ビジネスモデルだけでなく、とがった技術が必要です。ですが、同業他社を買収するという選択肢は考えていません。

ページの先頭へ