フィリップ・コトラーの名言|マーケティング戦略を立案するためには、カテゴリーを明確にしておく必要がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティング戦略を立案するためには、カテゴリーを明確にしておく必要がある。なぜなら、自社がどの領域で、どのような企業と競争しているのかを把握しなければ、マーケティング戦略は構築できないからだ。


フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

できるだけ正確な言葉を使うことが大切です。単に「ありがとう」や「ごめんなさい」ではなく、「ドアを開けてくれてありがとう」「昨日提出するはずの書類が、今日になってしまってごめんなさい」といった具合です。

成果が出ていないけれど認めてくれというのは、いつの時代でも通用しません。そんなことを許していたら、組織が存続し得なくなってしまいます。人間は自分のことは過大評価しがちなので、そういう不満を持つ人は少なくないのかもしれませんが、認めて欲しいなら、まずは仕事で結果を出すべきです。

行動管理の工夫として、着手日も設定しています。英国の歴史政治学者のシリル・ノースコート・パーキンソンは「仕事は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまでは膨張する」と指摘しました。夏休みの宿題をギリギリまで手を付けない子供がいます。その結果、手に負えないくらいの量の宿題に膨らませてしまうようなことです。そこで、そうならないように締切日から逆算して、着手日を設定します。

自分にできることに絞って能力を伸ばしていくほうが、成功の確率は高まります。私の場合、チームプレーが苦手ですから、子供時代にサッカーなどの球技を選んでいたら、頭角を現すことはできなかったでしょう。

時代劇で描かれる歴史上の人物というのはすごいですよ。ほとんどの人物が忘れられていく中で、いまだに名前も残っていて、業績も残っている人たちなんですから。残る人たちは何が違うかと言えば、それは人物としてのエネルギーであり、活力。国を思う心。愛。そういったものでしょうね。

私の場合は、まず動く。つまり、とりあえず先にしゃべってしまうんです。すると、相手の反応によって、判断ができる。

1週間かけて出す100点の仕事よりも、1日で出す60点の仕事の方がいい。状況は刻一刻と変化しており、完璧だと思った次の瞬間には条件が変わってしまう可能性もある。それならば、ソコソコの結果をスピーディに出したほうがずっといいんです。

ページの先頭へ