ジェイ・エイブラハムの名言|顧客を恋人のように愛する

恋人を喜ばせるように顧客を愛することが出来るのであれば、どんな状況であれ、顧客の心があなたの企業から離れることはないでしょう。

ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社の方向性について社員とトップが率直に会談を続けないと、会社は前に進みません。

ライバルがいない人生は、島影さえ見えない大海のただなかにポツンと浮かぶ舟のようなものだ。進んでいるのか、後退しているのかさえわからぬ頼りない人生。それはおそらく味気のない人生だと思う。

いつも同じ資産を選んではならないし、いつも同じ銘柄選択手段をとってはならない。投資家は常に柔軟でなければならず、固定観念にとらわれてはいけない。長期にわたって最大のリターンを確保するには、人気のある証券や手法から人気のないものにシフトする必要がある。

扇風機「GreenFan」開発に取りかかったときの経営状況は非常に厳しく、倒産寸前にまで追い込まれていました。私と社員一人、アルバイト一人という本当に小さな会社で、「ここで倒れるのなら、本当に作りたいモノを作って、前に倒れよう」という想いで開発したのが「GreenFan」だったのです。

社員を幸せにする。顧客を幸せにする。地域社会を幸せにする。これらを貫いていれば、会社は周囲から尊敬される存在になる。これが一流の証。一流になった会社は、放っておいても成長していく。

人間の体は緊張と弛緩が表裏一体です。ぐっと緊張しないと緩まないし、緩まないと最大の緊張は生まれません。仕事も同じで、リラックスがないと最大の集中は生まれません。

大きな成果(数字)を出した人は、抜擢の理由が分かりやすい。けれども、成果を出せる人が必ずしも、上に立ち、部下を生かせるわけではありません。人格的に問題がある人が上に立つと、部下を潰し、組織をも崩壊させます。

組織を動かすマネジメントには2つのことが必要。1つ目は、会社としてこういう方向性で事業をしますと伝えること。2つ目は、社員は一人ひとり当然ながら個性があって考え方も違うと知ること。その前提を理解し、会社の方向性とその人がやりたいことを共有するかという翻訳が重要なポイント。

長期投資家は、確率は低くても急落が起きる可能性がいつもあることを理解している。予想に伴って問題なのは、人々が想定した理由によって急落が起きることは決してないことだ。

住友銀行ですぐれたリーダーシップを発揮してきた人物と言えば、「堀田天皇」と言われた堀田庄三氏をあげることができます。私が当時秘書室にいたこともあり、彼が会長から名誉会長に退いたときにプライベートな会食でさまざまな話を直接うかがう機会を得ました。その話の中で興味深かったのは、堀田さんは現職役員で嫌いな人がいることに言及していたことです。それも固有名詞をあげて指折り数えていく。その中に私の担当役員も入っていたので少々とまどっていると、堀田さんはこう言ったのです。「嫌いだったけれど、私は彼らの能力を買って使ってきた」個人的には嫌いでも、個人的な感情を押し殺して使う。適材適所と言うのは簡単ですが、生理的に受けつけない人を自分のそばで重職に使うのは、ストレスがたまるはずです。堀田さんはそのストレスに人一倍堪えていたわけで、堀田天皇の天皇たるゆえんを、少しだけ垣間見た気がしました。

「アイデアは既存のアイデアの組み合わせに過ぎない」と言われてますから、アイデアを出せる人は、物事の関連性を見つけ出せる能力がある人だと言えます。つまり、思いもよらない組み合わせを考えられる人が一流のアイデアマンということです。

巻き込み力が大切。会社全体の発展のために「こうしたい!」という明確なビジョンを持ち、そのビジョンに共鳴してくれる周囲の人の力を借りる。協力を仰ぐ。個人の成果ばかりにこだわらないで、「会社全体を巻き込んで、みんなで成果を上げたい」という気持ちを持つことが重要。

官僚時代、ある上司から「自分の好むことばかりやっていてはいけない。むしろ、気の進まない仕事に進んで取り組んだほうがいい」と諭されました。自分が好むことというのは、すでに自分ができることです。一方、気が進まない仕事というのは、未知のものであることが多い。できることばかりやっていて新しいことに挑戦をしなければ、自分の幅が広がらないのはいうまでもありません。以来、未経験の仕事に取り組む大変さを、自分の成長の証だと感じられるようになりました。

ページの先頭へ