ジェイ・エイブラハムの名言|顧客を恋人のように愛する

このエントリーをはてなブックマークに追加

恋人を喜ばせるように顧客を愛することが出来るのであれば、どんな状況であれ、顧客の心があなたの企業から離れることはないでしょう。


ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いわゆる、「結果としての素直な心」にはそう簡単になれるものではないし、死ぬまでなれないかもしれないけれど、常に「もう少し、より素直な心になりたい」と思い、心がけ、努力することが非常に大切なのではないかと思います。そういうことで、私自身が心がけていることとしては、できるだけ広い視野に立とう、できるだけ長期的な観点を持とう、できるだけ公の心を持とう、ということであります。

経営者は財務やITのスペシャリストではありませんが、これらを正しく認識して総合的かつ適切な経営判断を下さなくてはならない。

「有り難う」という言葉は自分の幸せな現状を知るだけでなく、新たな幸せを作り出す力を持っている。

人にはそれぞれマイナスの部分はある。その部分は会社でフォローすることで、人の強みを発揮できるようにし、トータルでパフォーマンスの向上を図るという発想が必要。

一番簡単な入口は、メールの「絵文字」を意識すること。「笑顔」「困り顔」「やる気になっている顔」など、いずれもごく単純ですね。これらの表情を描き加えていくだけで、イマジネーションが大きく広がります。

富を軽蔑する人をあまり信ずるな。富を得ることに絶望した人間が富を軽蔑するのだ。こういう人間がたまたま富を得ると、一番始末が悪い人間になる。

企業の根幹は人材です。その力を最大限引き出すのが社長の仕事。

創業の精神や経営理念はDNAとしてしっかりと継承しながら、商品や事業は時代の変化に迅速・的確に対応しなければ顧客創造と顧客満足を実現することはできない。

部下に権限を委譲しても全部成功するとは限らず、失敗することもあるでしょう。しかし見逃せる失敗だってあるわけで、そこに人を育てるコツがあります。

我を忘れて没頭できること、本気で夢中になれることなら、どんなにアホなことでもいい。周囲の目や批判を気にして「世間のルール」に合わせようなどとしてはいけない。世間の常識から外れたことをすると、つらい目に遭ったり、恥ずかしい思いをすることもあるだろう。でも、それは甘んじて受ける。忍耐もする。何しろ好きなことをやっているんだから。それが楽しければ、世間との食い違いが起きても慌てず騒がず、ひたすら自分の道を進めていけばいい。ばく進あるのみです。

ページの先頭へ