ジェイ・エイブラハムの名言|顧客を恋人のように愛する

このエントリーをはてなブックマークに追加

恋人を喜ばせるように顧客を愛することが出来るのであれば、どんな状況であれ、顧客の心があなたの企業から離れることはないでしょう。


ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人間というものは、嫉妬する生き物です。出世をすれば嫉妬されるのは当たり前だし、仕方がない。世の中は、ある意味で敵だらけなのです。いちいち取り合っていたらきりがないので、あなたは何も気にせず、自分のペースで淡々と仕事をやればいい。

気になった時にパッと数字を確認できる速さは、デジタル機器より紙の手帳が上。手書きで転記すると、数字を体で覚えられるのも長所。

「厳しさの中にも和気藹々(わきあいあい)」たる会社を作ろうと、昭和37年有限会社ドトールコーヒー(現在の株式会社ドトールコーヒー)を設立しました。24歳のときです。創業当初は、お金もなく、信用もなく、当然苦労はありましたが、何とか昨年11月に東京証券取引所市場一部に上場できるところまで来ることができました。

サイエンティストの仕事において最も重要なのは、プレゼンテーション能力なのではないかと思います。世界共通の言葉で他人に伝えられなければ、サイエンスの世界での「わかったこと」や「発見」にはなりません。

具体的に褒めると、より効果的。服装を褒める時には、単に「素敵なネクタイですね」と褒めるのではなく、「センスがあって素敵なネクタイですね」と褒めたほうがいい。

世の役に立つものであれば、利益が出るようになるはず。

私は、お金を生まないものにお金をかけるのが嫌なんです。だから机や椅子など会社の設備は全部売り物。すべて値札がついていますよ(笑)。

ページの先頭へ