安田善次郎の名言・格言|まっすぐ成功へ向かう方法

人生は一歩一歩順を追って前進す。世路は平々坦々たるものにあらずといえども、勇往邁進すれば、必ず成功の彼岸に達すべし。勤勉、努力、節倹、貯蓄、一日も怠るべからず。

安田善次郎 の経歴

安田善次郎、やすだ・ぜんじろう。明治時代の実業家、銀行家。安田財閥創始者。富山藩で足軽の子として出生。20歳で江戸に出て、玩具屋、鰹節屋兼両替商に勤務。その後、安田銀行(のちのみずほフィナンシャルグループ)、損害保険会社(のちの損保ジャパン)、生命保険会社(のちの明治安田生命)、東京建物などを設立。そのほか釧路鉄道、釧路炭田、根室銀行ほか多くの企業を運営。金融業を中心に財閥を形成した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

働く人間すべてにとって、土台になるのはチャレンジする精神です。これがなければ、働く意味がないといってもいいでしょう。失敗することを恐れずに、進んでこそやりがいが生まれます。チャレンジして失敗したとしても、それは、次に成果を上げるための準備段階だと思えばいいのです。

P&Gでは、「難しくて正しいことを正しくやれ」とよく言われます。簡単に実行できるプランは、競合にもすぐに真似されるので、戦略として意味がありません。難しいけれど、誰も真似はできないと思われることに挑戦することが、最も有効な戦略になるのです。

フリーランスのノマドワーカーだと、いいアイデアを思いついたとしても、そばに気軽に話せる相手がいません。それではせっかく生まれた可能性が枯れてしまうこともあり得ます。その点会社であれば、アイデアをすぐ同僚に話すこともできますし、アドバイスをもらうこともできます。私は最近改めて「会社っていい仕組みだな」と感じるのですが、その仕組みを活かせるかどうかは、本人次第なのだと思います。

重要なのは人です。経営判断とはファクト(事実)や数字を分析・検証してトップ自ら1人で判断するものですが、その事実や数字は人がつくるもの。また、技術を生み出すのも人、その技術をいかに市場に投入するかを考えるのも人、そしてお客様に販売するのも人であるからです。

優秀な官僚を上手に使いこなし、何か問題がおこれば政治が責任をとる、というのが本当の政治主導。官僚を悪と決めつけてしまってはどうしようもない。

どれほど天才的なビジネスパーソンでも、将来への見通しをすべて的中させることはできません。決断しても、それが裏目に出ることは大いにあります。しかし彼らは決断が早い分、撤回も早い。周囲を振り回すことになりますが、傷口を最小限に抑え、しかも短期間のうちに失敗の経験を蓄積し、また素早い決断で再生を期すことができます。このサイクルの繰り返しが、より大きな決断を可能にさせているのです。

私はどんな仕事でも、「作業」ではなく「仕事」をしたいと考えて仕事をしています。たとえば上司から、プレゼンで使うデータ探しを頼まれたとします。そこで「面倒くさい」と思いながら、言われたとおりのデータを探し出すのは「作業」なんです。でも、何のための会議かを理解して、「他にも適当なデータがあるかな」「グラフがあれば、よりプレゼンに効果的かも」などと考えながらデータ探しをすると、それは「仕事」になります。そこには大きな違いがあります。

フランチャイズに加盟するときに大切なのは情報収集です。これは本当に大切。フランチャイジーの一番の不満の原因は、「加盟してみたら自分の想像と違った」というものです。本部の経営者を含めその企業の考え方、契約書の中身を知り、またすでに加盟しているお店に行き、オーナーに話を聞いて下さい。さらに、当協会に来ればある程度の情報もあります。これらを駆使して情報収集すれば、トラブルの多くは防げると思います。

サービスは依頼人がどういう評価をするかが重要。例えば、親子丼の美味しいお店と聞き、その店に行ったとします。確かに親子丼は美味しかったが、自分より後から来た人に先に料理が届いたら気分はよくないですよね。予約の電話を掛けて、受けた相手がアルバイトの店員でも対応が悪ければ、その店の評価は下がってしまうでしょう。

日本人は受験勉強などで話すための基礎力は完成しており、不足しているのは話す時間です。英語は話せる環境さえあれば、個人差はあれど確実に伸びます。

ページの先頭へ