稲盛和夫の名言|売上の10%くらいは税引前利益がなければ事業とはいえない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

売上の10%くらいは税引前利益がなければ事業とはいえない。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

表面的な知識やスキルではなく、教養を身につけるには、歴史のある場面について、深く掘り下げて考えてみることが大切。

相手が心地よく感じて会話が上手くいけば、それは結果的にも自分のためにもなるのです。

評価を数値化して測定しています。例えば、部下を何人昇進させて新しい役職を与えたかといった指標で実績を評価します。

ひとつの仕事を成し遂げることによって、自分が成長する。成長した自分は、次にはより大きな仕事ができる。すると、その仕事を通じてさらに成長し、次第により大きな仕事、より高い価値を生む仕事に取り組めるようになっていく。それが積み重なり、レベルがどんどん高まれば、結果として自己実現に結びつく。人生と仕事が同じ土俵に乗って、その両立を得ることができるのである。

私にとって変化は恐れるものではなく、好奇心への心地よい刺激です。好奇心さえあれば何歳になっても市場の変化を追い、新たな挑戦ができると信じています。

よくお年寄りが子どもを損得なしにかわいがりますよね。いい子だから愛するというのではなく、いい子だろうが悪い子だろうが無条件にかわいがる。それが「無条件の受容」です。これを幼少期に体験している経営者ほど、いい会社をつくる傾向があります。

競合店が同じ商品を安く売っていたらすぐに値付けを変更する。競合店の目玉商品が入荷していなかったらすぐに入荷の手配をする。そういったフットワークは個店対応でないと実現しません。大手スーパーvsドン・キホーテではなく、大手の支店vsドンキの支店の店舗同士の戦い、局地戦なんです。その積み重ねが会社の業績になるだけです。

ページの先頭へ