稲盛和夫の名言|経営に関する数字は、すべてがいかなる操作も加えられない経営の実態を表す唯一の真実を示すものでなければならない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営に関する数字は、すべてがいかなる操作も加えられない経営の実態を表す唯一の真実を示すものでなければならない。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私のような外資の企業にいると、キャリア形成は個々人に責任があるというスタンスです。自分の仕事に対する中長期の目標や研修プランはあなたから発信しなければなりません。成長するも成長しないも遊ぶもあなた次第。

面白さというパッケージに包んで自分の言いたいことを言う、という意識で僕はシナリオを書いています。僕が言いたいことを言って、誰も見てくれなくては仕事にならない、プロですから。ですから面白さということを前提にやっています。

伊勢丹新宿本店のリモデル(改装)の際に考えたのは、「百貨店の良さを取り戻したい」ということでした。「目的買い」だけでなく「遊びに行こう」と思い出していただきたい。店を出たときに「今日は楽しかったね」と満足していただけるか。お買い物をしていただけたかどうかは二の次です。

世界中で地政学的なリスクや政治的、あるいは経済的なリスクを抱えながらも、それでも挑戦していくしかない。

どのような話をすれば相手のためになるのか、相手はメリットを感じてくれるのか。事前に相手のことをリサーチして根回ししておくのが、稼ぐ人のやり方です。

実は私は採用面接に立ち会ったことがないのです。なぜかといいますと、私が採用面接に出てしまうと、どんなに気をつけていても、つまるところは自分の好きな人を入れることになるからです。「それのどこがいけないんだ」と言われるかもしれませんが、私にはそれが好ましくないと思えたから、とお答えするしかありません。

新しく始めたことが共感を得られない場合もあります。しかし、その時はお客の反応を見ながら少しずつ調整していけばいい。

ページの先頭へ