稲盛和夫の名言|利益を最大化することが大事や

利益を最大化することが大事や。それには、常に創造的な仕事を行うことで売上を最大化して、経費を最小化すること。そうすれば利益は最大化していくのや。

稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

真似をされても構いませんよ。私たちは次の高みを目指すだけですから。

木村英文の名言|真似をされても構いませんよ。私たちは次の高みを目指すだけですから


リバースモーゲージについては、他の金融機関との提携も進めていきます。我々はこの商品のパイオニアとして、積み重ねてきた実績やノウハウがあります。他行向けにノウハウ提供や保証業務を手掛けて、当行の手薄なエリアを深耕します。これは業界で初めての取り組みです。排他的な発想を捨て、リバースモーゲージの伝道師としてビジネスパートナーを増やしていく考えです。

佐藤誠治の名言|排他的な発想を捨て、伝道師としてビジネスパートナーを増やしていく


特に、独立を考える資格取得者はより明確なビジョンが必要です。司法試験や公認会計士などの難関資格受験者は近年、減少傾向にあります。資格士業の需給バランスが崩れ、供給過多となり、資格取得後も仕事のない人がいるからです。もし、米国のように自由経済社会ならば、資格士業でも競争市場は成り立ちます。しかし、日本には、昔からのれん分け制度があり、新参者は参入するのが困難といった側面があります。資格取得後の活用戦略こそが、シビアに問われます。

末木紳也の名言|資格取得後の活用戦略こそが、シビアに問われる


かつて私に対してまったく見当違いなことをいう人たちがいた。今なら、およそ9割は私とは何の関係もない言いがかりとわかっているから、さらりとかわせる。面(つら)の皮を厚くし、常に自分はポジティブな物の考え方をキープしていなければならない。

ドナルド・トランプの名言|面の皮を厚くし、常にポジティブな物の考え方をキープしていなければならない


メディアリテラシーというのは、いまの日本人にとってすごく大事なテーマ。いくら物が豊かで情報化社会が進んでも、デタラメな情報が氾濫していたら社会的な生活を送っている国とは言えません。情報を吟味する感覚を、五感を総動員して培っていかなければいけない。

松尾貴史の名言|メディアリテラシーというのは、いまの日本人にとってすごく大事なテーマ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ