稲盛和夫の名言|利益を最大化することが大事や

利益を最大化することが大事や。それには、常に創造的な仕事を行うことで売上を最大化して、経費を最小化すること。そうすれば利益は最大化していくのや。

稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私の場合、考課後の面接の予定を半年前からスケジュールに組み込むことにしていました。普段顔を合わせることが少ない分、面接時間も一人当たりたっぷり2から3時間をかける。面接前には個々人の業績、目標の達成状況などを踏まえ、そのうえで話の中身や順序、強調する点を決めておく。「こう言ったら、相手はこう出てくるだろう」とシミュレートをして当日に臨むのです。

知識賢治の名言・格言|考課後の面接は半年前から予定を組み、2・3時間かけてじっくりやる


かつて私は世界の名門クラブの練習を定期的に見学し、何かを取り入れようとしました。優れた手法を学ぶことは間違いではないといまも思っています。ただ、世界の誰かがやっていることをそのまま真似しても、それ以上にはなれません。

岡田武史の名言・格言|そのまま真似ても、それ以上にはなれない


「自分たちの若い頃は徹夜で働いたものだ」などと武勇伝をひけらかすのは、悪しき伝統を継承させるモト。若い頃はひたすら働いてスキルを蓄積させることも重要ですが、その中にある「ムダ」な要素は取り除く必要があります。彼らに「効率的な働き方のコツ」を伝授するのが、スマートな上司の在り方といえるでしょう。次代の人々をよりクレバーな働き手にしていくことで、会社組織全体の成長も図れるのです。

裵英洙の名言|武勇伝をひけらかすのは、悪しき伝統を継承させるモト


延々と続く営業会議で、自分の風邪や顧客の出産を報告したところで、それが成果を生むわけではありません。営業部門に限っていえば、会議は週一回一時間あれば十分です。最初から終了時間を決め、各自が話す時間を指定して、時間内で話を終えるように促せばそれで済んでしまうものです。

宋文洲の名言・格言|営業部門では会議は週一回一時間で十分


企画書の役割は経営トップなどの決定権者や関係部署の人たちに「面白そう」「詳しく聞いてみたい」という気持ちになってもらうことにある。だから、パッと見て、読み手の興味を引きつけなくてはいけない。

三木雄信の名言|企画書はパッと見て読み手の興味を引きつけなくてはいけない


国内ビジネスはお客様との兼ね合いもあって多極化が難しいのですが、逆に海外では自由にできることが魅力です。

小寺春樹の名言|海外では自由にできることが魅力


長い年月や労力を惜しまずに取り組めば、必ず社員は育ちます。一時の失敗や間違いを責めてはいけません。時間がかかったとしても、社員同士や取引先との間に揺るぎない信頼関係を構築できれば、必ず事業はうまくいくのですから。

天坊昭彦の名言|長い年月や労力を惜しまずに取り組めば、必ず社員は育つ


一番大切なのは人を育てること、人が育った分だけ店が出せる。慌てずゆっくり落ち着いて。

坂本孝の名言|慌てずゆっくり落ち着いて


終戦から2日後の8月17日、社員一同に対し僕は3つのことを伝えた。

  1. 愚痴を止めよ。
  2. 世界無比の三千年の歴史を見直せ。
  3. そして今から建設にかかれ。

出光佐三の名言|今から建設にかかれ


顧客や仕入れ先と今まで以上にオープンな関係を築くことができれば、要望にいち早く対応できるし他社との違いも出せる。もっとも、何でもオープンにすればよいわけではなく、優位性をもたらす部分は内部にとどめて独自に育てるべきだ。

ハーマン・サイモンの名言|顧客とオープンな関係を築く


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ